2014/01/06

安倍首相靖国参拝の波紋

安倍首相の靖国神社参拝に対し、中国や韓国だけではなく世界各国から批判の声が上がっています。アメリカ政府も「失望した」との声明を出し、同国の有力紙ニューヨークタイムズやワシントンポストなども手厳しい論評をしております。これは極めて異例のことです。 安倍首相は戦没者を奉る神社を参拝するのは当然との姿勢のようですが、各国のこうした反応をどう受け止めているのでしょうか。 時の首相が靖国神社を参拝することに...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2013/12/13

特定秘密保護法をどう見るか

騒然とする中、国会で「特定秘密保護法」が与党の賛成多数により強引に成立しました。これは野党のみならず、日弁連や評論家、マスコミ、学者、文化人などがこぞって反対していた法律です。もっとも、ごく普通に暮らしている一般国民の皆さんは、その内容が難しかったこともあり、関心が薄かったようにも思えます。 そもそも、独立した国家に国家機密や秘密があるのは当然のことです。ましてや、外交や防衛については国家の存続に...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2013/04/09

秋田で起きた異変

4月7日は県内各地で首長選挙、県議会議員の補欠選挙の投開票が行われました。 秋田市長選は事実上、現職の穂積志市長と新人の寺田学前衆議院議員の一騎打ちとなり、穂積氏が勝利しました。自民・公明・社民・連合などの組織から支援を受けた穂積氏に対し、無党派層の支持を期待した寺田氏のパフォーマンス選挙は通じなかったようです。また、小坂町町長選挙も現職の細越満氏が当選。川口博前衆議院議員が敗退するという結果に終...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2013/03/10

法案成立の裏舞台

多くの国民の皆さんは「国会」について、おそらくはテレビのニュースなどで放映される本会議や予算委員会くらいしか思い浮かばないのではないでしょうか。また、あれが「国会」なのだと思い込んでいるかもしれません。 時には居眠りしている議員の姿、つまらない攻撃を繰り返すシーンが映し出されることもあります。あれをご覧になって、「国会議員はいい加減だ」と憤慨された方も多いことでしょう。しかし、実際はそうでもありま...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2013/02/24

アベノミスクをどう見るか

先日、「高松さん、アベノミクスは新しい経済理論なの?」と若者から尋ねられました。もちろん、「アベノミクス」というのは造語であり、新しい理論ではありません。不況のときに政府が財政出動(公共投資)を行い、大幅な金融緩和を図って景気を回復させるのはごく当たり前のことです。 政府の公共投資による景気回復策は元々ケインズと言う英国の学者の考え方であり、お金の供給量で景気の調整を行うというのはフリードマンと言...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

«夢かまぼろしか(2)