« 新しい年の始まりに | トップページ | 民主秋田県連大会の内幕 »

2006/01/21

国際教養大学の拡充計画

前回に引き続き、先の議会で議論された国際教養大学の拡充計画について、私なりの考えを書いてみます。

秋田県は、国際教養大学の定員を現在の100名から150名に増やし、大学院も設置する方針を示しました。当然、そのためには新たな施設の整備が不可欠となります。

この整備にどれほどの費用を要するか、県民の皆さんはご存知でしょうか。

秋田県が示した計画案によれば、学生寮が12億円、講義・研究棟が11億円、図書館が13億円、体育館が8億円となっています。さらに、育英会が所有する寮を購入して自前の施設にするため8億6千万円、その他にもいろいろと出費が重なります。

そもそも、この国際教養大学はどのようなコンセプトで出発したのでしょうか。問題を考えるにあたって、国際教養大学の設置をめぐって交わされた数々の議論を思い出す必要があります。

当時はMSU-A(ミネソタ州立大学機構秋田校)が経営不振に喘いでおり、それを母体とする新たな大学の設置は「MSU-Aの救済ではないか」という声が県民から噴出しました。こうした疑問に対して県は「あまりお金をかけない、コンパクトな大学にする」と説明し、県議会も了承した経緯があったはずです。

ところが、開学してわずか2年目にしてこのような巨費を要する大規模な拡充計画を唐突に出すのは、「あまりお金をかけない」という最初の約束を反故にするものです。国際教養大学はまだ卒業生を輩出していない、とても若い高等教育機関です。この財政難の中、県民への説明とはまるで違う拡充方針には、与党議員の私も首を傾げざるを得ません。

国際教養大学をより良いものにしたいという、県側の思いはもちろん分かります。しかし、巨額の費用を要する計画を今、慌てて具体化しなければならない理由はどこにあるのでしょうか。残念ながら、先の議会ではその点が明確に示されてはいませんでした。

国際教養大学の拡充はもう少し時間をかけ、必要に応じて徐々に整備を進めるべきだと私は考えます。

|

« 新しい年の始まりに | トップページ | 民主秋田県連大会の内幕 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/440895

この記事へのトラックバック一覧です: 国際教養大学の拡充計画:

« 新しい年の始まりに | トップページ | 民主秋田県連大会の内幕 »