« 民主秋田県連大会の内幕 | トップページ | 永田議員のメール問題その後 »

2006/02/24

永田議員のメール問題に思う

最近、永田寿康(ながた・ひさやす)衆議院議員のメール問題について、皆さんから質問を受けることが多くなりました。

この件で私が感じたのはまず、「国会議員は何と軽い存在になったのか」ということであります。

■前代未聞の「自爆」

言うまでもなく、国会は国権の最高機関であり、国会議員は国民を代表してこの国を動かしている人たちです。それが大した調査もせず、思い込みで質問してしまう。おそらくは功名心から「ガセネタ」(虚偽情報)に飛び付いたのでしょう。しかし、それで「自爆」してしまうとは前代未聞です。

特に国会の予算委員会は華々しい舞台で、多くの国民がそのやり取りを注視しています。入手した情報を質問者である議員自ら徹底して調べ上げ、党執行部としても二重三重のチェックを行った上で質問に臨ませるべきです。ましてや今回は政権党の幹事長のクビが飛ぶだけでは済まない、重大な「政局」となる可能性が充分にあっただけに残念でした。この事態を招いた永田議員の責任は重大です。

ライブドア事件のみならず、牛肉の輸入や防衛施設庁、耐震データ偽装の問題などで、今国会は民主党が攻勢に出る千載一遇のチャンスでした。しかし、永田議員の軽率な質問で出鼻をくじかれてしまったようです。それどころか、逆に自民党から反撃されて付け込まれているようにさえ見えます。これでは、前原誠司代表の指導力不足が指摘されるのも致し方ないと私は考えます。

ただ、今回は永田議員の件で最初の勢いこそ失われましたが、先の4点セットと呼ばれる問題はまだ解決を見ないまま残されております。我が党の国会議員団には是非、体勢を立て直して与党を徹底追及してもらわなくてはなりません。民主党は野党第1党として常に政権を獲得するチャンスがあるのですし、国民の皆さんも大きな期待を寄せているのですから。

■政党としての質の向上を

永田議員のみならず、最近の若い国会議員は過剰にマス・メディアを意識しており、派手なパフォーマンス(演出)が多すぎるようです。また、「軽率」の謗りを免れない発言も多々あります。言葉は過ぎるかもしれませんが、テレビのバラエティー番組に出演し、ユニークなキャラクターの政治家を演じて好感を持たれることがそんなに大事なのでしょうか。

政治を「職」としている1人として、私はこの国の将来に不安を覚えます。

私自身は、このような時代はむしろ「経験豊富な政治家が必要である」と考えます。例えば先日、永田議員の問題を心配する支持者の方から「小沢先生はどうしてるの?」と訊ねられました。小沢一郎先生は民主党で誰よりも政情に通じ、いかなる政局をも乗り切る力をお持ちの方です。質問された方はおそらく、その小沢先生の強い指導力に期待されているのだと思います。確かに大ベテランの議員がもっと前面に出て、若くて経験の浅い議員を引っ張っていくことにより、民主党の「政治集団」としての質は確実に高まるはずです。

自民党が今、永田議員の勇み足を逆手に取って民主党を責め立て、この難局を乗り切ろうとしていることは間違いありません。そして、自民党は「前原代表なら御しやすい」とも見ているようです。仮にも野党第1党が、ここまで軽い存在として扱われた時代がかつてあったでしょうか。また、小沢先生は現在の民主党の状況をどうご覧になっているのでしょうか。

秋田の田舎政治家である私は「小沢先生、あなたの出番ですよ!」と、いつも心の中で叫んでいるのですが…。

|

« 民主秋田県連大会の内幕 | トップページ | 永田議員のメール問題その後 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/816994

この記事へのトラックバック一覧です: 永田議員のメール問題に思う:

» 前原民主党は「死に体」、これは必然の結末。 [エヌのブログ]
これで前原民主党は「死に体」となった。 メール騒動で議員辞職を党執行部に伝えた永田議員に対して、執行部は休養が必要と判断し、決着を先送りしたのだ。 しかも先送の理由は、永田氏が辞職するとメールは偽物であることを認めたことになり、事前にチェックできなかった野田国対委員長と、「確証を得ている」と大見えを切った前原代表に責任が及ぶからだというのが本音だそうだ。 前原代表は「9月までの任期を今の執行部でまっとうする」と語っているが... [続きを読む]

受信: 2006/02/25 00:48

» 自民党・武部幹事長が民主党・前原代表を批判 [ボウズのブログ。]
姫路市内での会合であいさつした自民党・武部幹事長はライブドア送金指示メール問題で [続きを読む]

受信: 2006/02/25 23:58

» 「楽しみ」が裏切られたので [横浜貴公子の「科学的根拠はどうした!?」]
この前の党首討論、本当に予想を大きく超えるダメっぷりでしたよね…。先日も書きましたが、思い返すほどになんだか腹が立ってきます。 本当にこの苛立ち、どうしてくれようか…。 というわけで(←どういうわけだ?)、替え歌を作ってこの想いをぶつけてやろうと思います....... [続きを読む]

受信: 2006/02/26 13:18

» 代表有力 小沢一郎さん [運命学コーチングによる天職発見法を伝授!]
こんにちは! (財)生涯学習開発財団 認定コーチの夏見モンドです。 ←毎日応援クリックお願いします! さて、本日も【著名・有名人の天職チェック大公開!】です。  あなたの星と同じものがあれば、 天バリ化(天職のバリエーション化)の ヒントにして....... [続きを読む]

受信: 2006/04/06 10:58

« 民主秋田県連大会の内幕 | トップページ | 永田議員のメール問題その後 »