« 2月定例県議会の焦点 | トップページ | 前原執行部の総退陣に思う »

2006/03/26

秋田湾開発を振り返って

2月定例県議会は12月と同様、南ヶ丘の問題などがクローズアップされました。今回は県側が柔軟な態度に転じたことから、議員側が一連の問題について追及をいくらか緩めた面もあります。結果、波乱のない定例会と思われた方もいらっしゃるようですが、実は「第2工業用水道事業費の償還」という重要な懸案についての議論も行われました。

第2工業用水道事業とは、大王製紙が進出を予定していた造成地(秋田市飯島地区)まで工業用水を引くためのものです。水道管の建設は途中で取り止めとなっていますが、利息分を含めこれまでに106億円が投じられました。この借入金と玉川ダム建設費の借金の合計額123億円を今回、県は一括して一般財源から返す考えを明らかにしています。

事業における金銭面の問題はこれで一応の幕引きとなるものの、そこに至った経緯を振り返って見た時、さまざまな反省点が浮かび上がってくるのも事実です。

■秋田湾開発の夢

県民の皆さんもご承知のように、秋田湾の開発計画は今から40年も前に遡ります。しかし、小畑氏-佐々木氏-寺田氏という歴代知事が県政運営に関わった間、実に500億円もの血税が投じられていることはあまり知られていません。

秋田湾開発のもともとの出発点は、国から新産業指定都市の指定を受けたことにあります。当時の県が「これで農業県から工業県に脱却できる」と考えたのは無理からぬことです。そこで県は、昭和46年の第3次秋田県総合計画において、秋田湾地区に鉄鋼・石油化学などを主体とする大型工業基地の建設を打ち出しました。さらに同47年には開発局を設け、その翌年に鉄鋼コンビナートを構想。製鉄工場に必要不可欠な水、それも膨大な量を確保しようと玉川ダムの建設に着手します。

しかし、その直後に日本を襲ったのがオイル・ショックでした。これによって高度成長を続けていた我が国の経済は急減速し、当時の日本の製造業を牽引していた鉄鋼業界も需要が大きく落ち込みます。ところが県当局は、秋田湾の開発計画を見直すことはありませんでした。経済情勢が大きく様変わりしているのにもかかわらず、大手製鉄工場の進出に期待し、ダム建設と港湾の埋め立てを進めてきたのです。

当然、県当局の思惑は外れて鉄鋼コンビナート計画は断念に至ります。そして、先に完成してしまった玉川ダムの水を活用するため、大王製紙の誘致が具体的にスタートしたのは平成元年のことでした。ただし、これも県・市・大王製紙の間で進出協定が結ばれながら、経済情勢などを理由とする企業側の事情で延期が重なります。そして、15年も引っ張った挙句に取り止めとなりました。

■失われた40年

バブル崩壊後の日本経済を指して、「失われた10年」という言葉がよく使われます。これになぞらえれば、秋田湾開発は県政にとって「失われた40年」に相当します。長い時間と莫大なお金をかけてすべては夢で終わり、残ったのは玉川ダムに蓄えられた大量の水、広大な造成地、途中で放り出されたままの工業用水道管、そして莫大な借金だけだったのです。

何故、こんなことになってしまったのでしょうか。そして、どこかで立ち止まって軌道修正することはできなかったのでしょうか。

いえ、見直しの機会はいくらでもあったはずです。にもかかわらず、誰もそれをしなかった。「自分たちは間違うはずがない。間違ったとしても責任を取る必要はない」。そんな思いが県当局になかったと言い切れるでしょうか。私は、行政組織にありがちな官僚的無責任体質が判断を遅らせ、事態を泥沼化させる大きな背景のひとつであったと考えます。

本来であれば、こんな時にこそ議会の果たすべき役割は大きいはずです。間違った政策の修正を堂々と迫り、正しい方向に導くことが私たち議員の使命なのです。ところが議会というのは不思議な場所で、議場で当局に「疑問」をぶつける議員は即「厄介な反対者」と見られる傾向があります。それ故、黙っていることがその議員にとってプラスとなる場合もあるわけです。

確かに「物分りの良い議員」と思われたほうが、当人も精神的に楽なのかもしれません。しかし、それでは議会が持つチェック機能も満足に果たせないと私は思います。敢えて苦言を呈することがいずれ郷土の発展につながると信じているからこそ、うるさがられても異論を唱えて頑張る地方議員たちがいるのです。

|

« 2月定例県議会の焦点 | トップページ | 前原執行部の総退陣に思う »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/1171770

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田湾開発を振り返って:

» 道路特定財源の一般財源化、見送りか? [毎日1分!0からわかる日経記事解説ブログ]
一般財源と特定財源について解説しています。 [続きを読む]

受信: 2006/06/28 10:36

« 2月定例県議会の焦点 | トップページ | 前原執行部の総退陣に思う »