« 首相の靖国参拝と外交 | トップページ | 全国一の自殺率と県民性 »

2006/05/28

格差社会の産んだ歪み

日本経済が高度成長を続けていた時代は、国民のおよそ6割前後が「中流意識」を持っていたものです。実態は多少の差があったにせよ、これは納得できる数字であったと私も思います。

ところが、最近ではこうした「中流意識」が国民の間で急速に薄れ、「勝ち組」「負け組」といった話や社会のあらゆる場面で生じている「格差」の問題がクローズアップされています。

現在、この国にはフリーターが230万人以上いると言われています。フリーターはもともと労働が不定期で、収入も不充分で不安定です。当然、企業や国の将来的保障もほとんど望めません。ライフスタイルとして定職に就かないことを自ら選んでいる人は少数派であり、大半はこの不定期労働を余儀なくされてます。

さらに、働く意欲も学ぶ意欲も失い、生活費を親に頼って暮らす「ニート」と呼ばれている若者たちが60万人以上も存在します。これは私の世代からはとても信じられない実態ですが、親のスネをかじって生きているに等しい若者がこれほど多いというのは、国家として大きな損失であることは明らかであると考えます。

■政治の役割とは何か

小泉内閣は経済について、市場主義の政策を打ち出してきました。

この政策はかつてイギリスのサッチャー首相がとったものであり、福祉国家の重圧にあえいでいたイギリス経済を活性化させることに成功しています。日本においてもこうした政策は、バブルの崩壊以降、低空飛行を続けていた経済を活性化させ、景気を回復させました。

確かに、その面では一応の成功を収めたのかもしれません。しかし、激しい競争で敗れた企業群は数知れず、取り残された中小の業者も「負け組」となりました。さらに中央と地方の経済にも格差は生じ、フリーターやニートのみならず、中高年層にも大量の失業者を産んでいます。

この実態を国はどう見るかです。

競争で敗れた者、社会からはみだした者を「自己責任」で片付てしまうわけにはいかないでしょう。

自由競争は資本主義の原則であります。古典派経済学のアダム・スミスは経済の自由放任主義を唱え、競争することがさらに経済社会を繁栄させるとしました。そして、それぞれの競争は「見えざる神の手によってうまく調和がとられる」とも言っています。しかし、歴史を振り返れば分かる通り、競争は必ず敗者を作ります。私には、この敗者を切り捨てることを「当然」とする一部の政治家、評論家の発言が理解しがたいのです。

この国に今、「負け組」に再びチャンスを与える仕組み、すなわちセーフティーネットが求められていることは言うまでもありません。そして、フリーターやニートと呼ばれる若者たちの、しっかりとした形での社会参加を促す策を早急に打ち出すべきです。

|

« 首相の靖国参拝と外交 | トップページ | 全国一の自殺率と県民性 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/1974235

この記事へのトラックバック一覧です: 格差社会の産んだ歪み:

» Google []
Google news and reviews [続きを読む]

受信: 2006/05/30 01:07

» 格差社会 [共通テーマ]
10年続いた構造改革。社会保障の縮小、正規雇用の減少、そして、ささやかれる消費税増税。「勝ち組・負け組」といった言葉に象徴される格差社会。あなたはどうお考えですか。 [続きを読む]

受信: 2006/05/30 18:24

» 10年後の日本 [最新本にコメント!批評n比較]
いきなりTBごめんなさい。一緒にコメントしましょー。 [続きを読む]

受信: 2006/06/24 15:41

« 首相の靖国参拝と外交 | トップページ | 全国一の自殺率と県民性 »