« 田中前知事の敗北に思う | トップページ | 今、なぜ『国家の品格』か »

2006/08/21

昭和の歴史を振り返る

今年の8月15日は、61回目の終戦記念日でした。この日、小泉首相は靖国神社を参拝し、マスコミもこれを大きく取り上げています。批判に対して小泉首相は相変わらず、「個人の心の問題をとやかく言われる筋合いはない」と強気の姿勢です。しかし、彼が小泉純一郎というひとりの人間である以上に、この日本国を代表する首相であります。当然、その行動を「個人的なもの」として簡単に片付けるわけにはいきません。

感情を前面に出した小泉首相の姿勢は、一見すると勇ましく、格好良く映るのかもしれません。少なくとも今は中国や韓国などアジア諸国との関係悪化が不安材料となっています。小泉首相はまず、日本の国益を考えなけばならないはずです。今回の行動を見る限り、私は小泉首相は指導者として如何なものかと思います。

戦前~戦中の歴史を振り返ってみれば、当時の日本は正にその強気一点張りの姿勢で外交を展開しました。その結果、日本は世界の潮流から外れて国際連盟を脱退し、孤立を深めて開戦へと突き進んでいったことを忘れてはなりません。

・昭和6年:関東軍の石原莞爾・板垣征四郎ら参謀によって満州事変が引き起こされる(奉天郊外・柳条湖で満鉄を自ら爆破、中国軍に戦いをしかける)。
・昭和7年:関東軍参謀らが満州国を建国。
・昭和8年:国際連盟のリットン調査団が、満州国は日本の傀儡政権であるとしてその解散と日本軍の撤退を勧告。日本はこれを拒否して国際連盟を脱退、国際的孤立を深める。
・昭和12年:盧溝橋事件を機に日中戦争が勃発、泥沼化する。
・昭和15年:日独伊3国同盟が成立。これは事実上の軍事同盟であった。松岡洋右外相、大島浩駐独大使はドイツのヒトラーに心酔。米英との対決が明確化する。
・昭和15~16年:日米交渉が行き詰る。野村吉三郎駐米大使とハル米国務長官との間で和平交渉を進めたが、中国全土からの撤退を巡って話し合いは決裂。
・昭和16年4月:日ソ中立条約成立。松岡外相、モスクワを訪れてスターリンと調印。
・昭和16年12月8日:日本軍、ハワイの真珠湾を奇襲。日米戦争始まる。
・昭和17年6月:日本軍、ミッドウエー海戦で敗北。太平洋の制海権、制空権を失う。その後、ガダルカナル、アッツ、マリアナ沖、サイパンなどでも相次いで敗れる。
・昭和20年3月:東京大空襲。米軍、日本本土上陸のためオリンピック作戦、コロネット作戦を練る。
・昭和20年4月:沖縄に米軍が上陸。
・昭和20年7月26日:連合国、ポツダム宣言を発表。
・昭和20年8月6日:米軍、広島に原子爆弾「リトルボーイ」を投下。
・昭和20年8月8日:ソ連、日ソ中立条約を破棄。日本に対して宣戦を布告。
・昭和20年8月9日:米軍、長崎に原子爆弾「ファットマン」を投下。
・昭和20年8月14日:日本、ポツダム宣言を受諾。
・昭和20年8月30日:米軍のマッカーサー将軍が、厚木飛行場に降り立つ。米軍による日本の占領政策が始まる。

以上は昭和の前史というべきものです。そして、この時々に当時の最高指導者たちはどのように考え、どのような態度を取ったのでしょうか。日中戦争、日米戦争はどうして引き起こされ、だれが意思決定したのでしょうか。私は歴史を振り返るとき、いつもその事を考えてしまいます。

戦争遂行に大きな役割を果たし、陸軍大臣や首相を務めた東条英機。戦いを指揮した軍参謀たち。独伊と軍事同盟を結んで米英との戦争を決定付けた松岡洋右ら外交官。国民の期待を受けて新体制運動を起こし、戦争回避の行動を取りつつも、途中で軍の圧力に屈してしまった近衛文麿首相ら多くの政治家。

敗戦の最終的な責任は、やはりこうした当時の権力者が負わねばならないものです。特に、戦争犯罪人として東京裁判で裁かれた指導者たちの歴史的責任は永久に逃れられないものと思います。そして今、私たちは感情を抑えて冷静に、かつ正確に過去を振り返る必要があるのではないでしょうか。

日本が今後も民主国家として繁栄し、世界の国々の信頼を得ていくためにも、悲惨な戦争を引き起こした昭和の歴史を真摯に見つめることは非常に大事なことであろうと私は思います。

|

« 田中前知事の敗北に思う | トップページ | 今、なぜ『国家の品格』か »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/3186098

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の歴史を振り返る:

« 田中前知事の敗北に思う | トップページ | 今、なぜ『国家の品格』か »