« 知事の汚職を生んだ背景 | トップページ | 北朝鮮のしたたかな外交 »

2006/10/30

責任ある政権政党とは?

神奈川県と大阪府で行われた2つの衆議院議員選挙は、いずれも自民党の勝利に終わりました。どちらも議員の死去に伴うもので、自民党候補にとっては弔い合戦。投票率は極端に低く、これも自民党と公明党が得意とする組織型選挙に有利な条件となりました。どちらの選挙区も自民党候補の後援会(先代から引き継いだもの)がしっかり組織されているのですから、そもそも弱いはずがありません。

そんな徹底した組織戦を繰り広げる自民党に対して、私たち民主党はどちらかといえば時の「風」に頼ってきたことは否定できません。したがって、投票率が伸び悩む選挙では苦しい戦いを強いられるケースが多いのです。今回の選挙結果を受け、民主党が真の政権党となるためにはまず「風」に乗る選挙戦術から脱却し、自民党に負けないくらいに強靭な組織を持つことが必要だと痛感した次第です。

ところで、今回の2つの選挙は来年夏の参議院議員選挙の行方を占う重要な選挙でした。しかし、秋田の非自民勢力は未だに参議院議員候補を決めかねています。当然のことながら、どこに顔を出しても問われるのはその件です。一時、社民党が自前の候補を立てることを前提に、民主党に共闘を申し入れてきましたが、これは即座に断りました。そこで改めて両党は話し合い、「政党色のない人を連合秋田といっしょに担ごう」ということで先週末にようやく合意したばかりです。

ライバルとなる自民党の現職は2期のキャリアを持ち、つい先日まで副大臣を務めていました。選挙資金も豊富らしく、県内いたるところに看板が立っています。これは臨戦態勢が整ったということなのでしょう。人選のテーブルについて間もない私たちにとって、この自民党候補相手の選挙は確かに楽なものではありません。ただし、お互いの基礎票はそれほど違わないのですから、戦い方によっては勝算があると見るべきです。

秋田県内では民主党の基礎票が19万、社民党の基礎票が4万8000と言われています。対する自民党は単独の基礎票が24万ですから、ほとんど変わりません。問題は自民党と連立する公明党で、県内に7万台の基礎票を持つとされています。単純に計算すれば、これは自民・公明にとって有利な戦いです。ところが、その有利なはずの戦いを自民党は2年半前に落とし(参院選)、非自民系無所属の鈴木陽一さんが勝利したのはまだ記憶に新しいと思います。

不利とされる戦いも、候補者の魅力やその時々の社会情勢で逆転できます。これは自民・非自民のどちらの組織にも属さず、自らの判断で候補者を選ぶ「無党派層」の存在がいかに大きいかを示すものです。無党派層と呼ばれる人たちは政治オンチなのではなく、むしろしっかりと政治状況を眺めているのかもしれません。

ただ、その無党派層はメディアに感化されやすいという一面もあるようです。例えば、小沢さんと安部さんのどちらが見栄えが良いかも、時として判断の基準とされます。だからこそ各政党は最近、マスコミ対策に力を入れています。その結果として選挙では中身よりも見た目を重視し、知名度の高い人物を候補として立てる傾向が強まっているわけです。

■候補者人選のあり方

選挙は勝たなければ意味がないと誰もが言います。しかし、私自身はこうした考え方・手法を肯定的にはとらえていません。国会は国権の最高機関です。この国を動かしていくための法律を作る立法の府で、法律のイロハはもちろん、行政のシステムも何も理解していない人物を「勝てる候補だから」と擁立する姿は、政党としてあまりにも無責任であり、民主国家の将来を脅かす危険な行為であると思います。

様々な考え、立場の方たちで国会を構成するのは良いことでしょう。しかし、政党がその考え、立場よりまず「勝てる」ことだけを優先して候補の人選を行うことには大きな疑問が残ります。少なくとも政党は候補選考の際にその考えや立場をしっかり理解し、さらにはその人物の社会的な経験や知識にも目を向け、最後まで党を挙げて「推した」ことへの責任を持つべきでしょう。安易な人選は、国民に多大な損害を与えかねないのです。

誤解を恐れずに申し上げれば、名が知られているだけで視野の狭い人物、見た目の良さだけで判断力に欠ける人物を国会に送り込んでも、国民にとってのメリットはほとんどありません。たぶん、喜ぶのは官僚だけでしょう。官僚たちは彼らのチェックが及ばないのを良いことに、思い通りの政策・法律を作ってこの国を自分たちの手で実質的に運営していこうとするはずです。

深謀遠慮という言葉があります。これは考えを巡らせ、遠い先のことまで考えて綿密な計画を立てることを指します。目の前の勝利にこだわる余り、この国の将来を見誤るような選択をするようでは、真の政権政党にはなれないでしょう。こんな時代だからこそ、この国の将来を深く読み、よく考え、責任ある行動を取ることが私たちの民主党には必要であろうと、田舎地方議員の私は考えるのです。

|

« 知事の汚職を生んだ背景 | トップページ | 北朝鮮のしたたかな外交 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/4010976

この記事へのトラックバック一覧です: 責任ある政権政党とは?:

« 知事の汚職を生んだ背景 | トップページ | 北朝鮮のしたたかな外交 »