« 大きく変わる日本の農政 | トップページ | 民主党秋田県連その後 »

2006/11/30

いじめの問題を考える

子供たちの「いじめ」が今、この国全体の重大な問題となりつつあります。

安倍首相直属の教育再生会議も先日、8つの緊急提言を行いました。この中に「いじめを見て見ぬふりをする者も加害者である」という文言があります。さらに、いじめを助長・放置した教員を懲戒に処し、家庭の対応にも触れて「親としての責任を果たすべき」と注文をつけています。学校と教育委員会、政府が一丸となって問題の解決に取り組む姿勢を強く打ち出している点に、この問題の深刻さを見て取れます。

ところで、この「見て見ぬふり」は何も子供たちの「いじめ」だけに限った現象ではありません。現代社会においては事なかれの風潮は強く、多くの方が面倒には巻き込まれたくないと考えているのではないでしょうか。しかし、さまざまな社会問題を解決するためにはまず、私たち一人ひとりが当事者意識を持たなくてはなりません。

提言で懲罰の対象に挙げられた先生たちにしても、現代社会におけるその立場は非常に弱いものです。かつては先生がひと言「コラッ!」と怒鳴れば生徒たちは震え上がり、教室はしんと静まり返ったものでした。かつての先生たちが持っていた「強さ」を、今の先生たちに求めるのは酷でしょうか。

教育の現場では、子供たちに強さやたくましさを求めますが、むしろ先生たちが強くたくましくなることで、指導力を発揮できるのではないか、と私は思います。

また、国も「家庭の責任」に触れていますが、、私も親の躾にこそが問題であると考えるひとりです。そもそも、子供に良いことと悪いことを教え、善悪の判断ができるよう育てるのは親の責務と考えます。それをしないまま、すべてを学校のせいにする親も少なくありません。

もちろん、「いじめ」をする子供の存在が問題であることは言うまでもありませんが、「いじめ」を悪いこととは思わない歪んだ子供に育てた親の責任のほうが重大です。そのことをまず、親の側が自覚することが何よりも求められます。

提言を行った教育再生会議は、この「いじめ」の問題をめぐって文部科学省と激しくやり合ったそうです。しかし、両者の妥協でこの難局を乗り越えるられるはずがありません。逆に、生ぬるい対策は「いじめ」を助長することになりかないと私は考えます。

それにしても、相手を死に追い込む陰湿で執拗な「いじめ」が何故、子供たちの間で起きるのでしょうか。多くの大人たちは「とても子供たちの行為とは思えない」と首を傾げます。ですが、子供たちの社会は、私たち大人の社会の縮図であるということを忘れてはなりません。

人間を「勝ち」「負け」で区別する現代の大人の有様を見て育った子供たちが、やがて社会の一員となったとき、日本はいったいどのような国になってしまうのでしょうか。良識ある国民の多くはおそらく、日本の未来に大きな不安を抱いているはずです。その不安を現実のものとしないためには、早急に抜本的な対策を講じなくてはなりません。

|

« 大きく変わる日本の農政 | トップページ | 民主党秋田県連その後 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/4388205

この記事へのトラックバック一覧です: いじめの問題を考える:

» 「見て見ぬふり」せざるをえない人達=加害者? [ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜]
■自ら次のターゲットになれと? http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2791414/detail 1.学校は、いじめは反社会的な行為として絶対許されないことであり、いじめを見て見ぬふりをする者も加害者であることを徹底して指導する 2.学校は、問題を起こす子どもに対して、指導、懲戒の基準を明確にし、毅然とした対応をとる。例えば、社会奉仕、個別指導、別教室での教育など、規律を確保するため、校内で全教員が一致した対応をとる 3.... [続きを読む]

受信: 2006/12/04 09:11

« 大きく変わる日本の農政 | トップページ | 民主党秋田県連その後 »