« 団塊の世代と機械文明 | トップページ | 疑問が残る県の調査 »

2007/01/27

格差社会とフリードマン

昨年11月、アメリカの著名な経済学者ミルトン・フリードマン氏(1912年7月31日~2006年11月16日)が亡くなりました。フリードマン氏は20世紀後半の主要な保守派経済学者の代表的存在で、シカゴ大学の教授就任後はシカゴ学派のリーダーとして活躍し、1976年にはノーベル経済学賞も受賞しているほどの人物です。

このフリードマン氏の著書に「選択の自由」という本があり、世界的なベストセラーとなっています。私もこの分厚い本をかなり以前に買い求めました。訃報に触れて書庫を探してみたのですが、残念ながら見つけることはできませんでした。

さて、このフリードマン氏の考え方ですが、80年代から現在に至るまで世界各国の経済政策に大きな影響を与えています。これは今日で言う「市場主義」や「経済自由主義」の根本であり、政府の経済統制には批判的な立場を取っています。

通貨(貨幣)の供給量を調整することで、インフレーションやデフレーションを抑えていこうという「マネタリズム」を打ち出したのもフリードマン氏です。この考え方は米国のレーガン元大統領、英国のサッチャー元首相、さらには日本の中曽根元首相、小泉前首相も取り入れました。

かつて、世界の国々は不況になると積極的に公共事業を興し、財政投資を行ってきました。これによって民間を刺激し、経済に勢いを取り戻させるのです。これはイギリスの近代経済学者ジョン・メイナード・ケインズ氏(1883年6月5日-1946年4月21日)の考え方です。

しかし、70年代以降は各国がこのケインズ氏の経済政策を取り続けても、一向に景気が回復しませんでした(例えば、日本でも宮沢政権以降に136兆円もの公共投資を続けましたが、効果はほとんど現れていません)。こうしてケインズ氏の経済理論の限界性が指摘される中、お金の供給量で経済動向を調整しようというフリードマン氏が一躍脚光を浴びることとなったわけです。

現在、日本銀行も通貨の供給量を大幅に増やしたり減らしたりすることで、景気の調整を行おうとしています。これもやはり、フリードマン氏の考え方に基づく施策です。これほどフリードマン氏の影響は大きいのですが、その考え方にも問題があることを知っておく必要があります。

市場主義、すなわち政府の統制を離れた自由主義経済は、経済を活性化させるという点で私も基本的に肯定します。しかし、競争の激化が今日の格差社会を生んだということを忘れてはなりません。おそらく、フリードマン氏もこの問題については明確な解決策を持っていなかったのではないかと思うのです。

|

« 団塊の世代と機械文明 | トップページ | 疑問が残る県の調査 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/5120896

この記事へのトラックバック一覧です: 格差社会とフリードマン:

« 団塊の世代と機械文明 | トップページ | 疑問が残る県の調査 »