« 「子育て税」徹底して議論 | トップページ | 秋田の経済戦略を考える »

2007/03/22

選挙を議論の場に

秋田は豊かな自然環境に恵まれています。春から秋にかけては、山菜やキノコの宝庫です。海や山も近く、美味しい地元産の食材も易々と手に入れることができます。また、ゴルフ場やスキー場といった施設も近郊にあり、いつでも気軽にスポーツを楽しめます。そして、秋田の皆さんはどこよりも人情味があり、思いやりの深い方たちばかりです。

そんな素晴らしい私たちの秋田県ですが、脳卒中・心臓病・ガンなどいわゆる3大成人病で亡くなる方の比率は全国ワースト上位であり、自殺率に至っては全国第1位という悲しい記録が長らく続いているのも事実であります。このため、秋田には他都道府県と比べて常に暗いイメージがつきまとっていると思うのです。

さらに、各種統計を見てもマイナスの面が浮かび上がってきます。例えば、東京都の半分に過ぎない県民所得を筆頭に、県民総生産や鉱工業生産などの項目でも全国最下位グループの中で低迷しています。少子高齢化も著しく、県全体が勢いを失いつつあることは明白と言えます。

こうした現状について、私は平成16年の6月定例会で「秋田は衰退の一途をたどっている」とショッキングな言葉で表現し、県当局の見解や対策などを質しました。それから3年が経過し、秋田の衰退に歯止めはかかったのでしょうか。残念ながら、答えは「NO」です。

こうした中で今、私たちは何をすべきかを考え、アクションを起こさなくてはなりません。まずは、夢希望を失いかけているこの秋田に、かつての勢いや活力を取り戻すことを優先すべきである――と私は思います。

そのためには政治や行政はもちろん、県民の皆さんも共に立ち上がり、県民総ぐるみであらゆる手立てを講じなくてはなりません。将来を見据え、夢と希望の持てる秋田に作り変えるための下地を作ることが必要なのです。

今月30日に告示される県議会議員選挙は、新しい秋田を目指す出発点となります。選ぶ側も選ばれる側も本気で秋田の将来を考え、本音を出し合って徹底的に議論する場としましょう。おそらく、ここで秋田の未来をしっかり話し合わなければ手遅れとなります。この最後のチャンスを逃さないために、私も県政の抱える問題を恐れず、怯まず、妥協せず提起していく覚悟です。

|

« 「子育て税」徹底して議論 | トップページ | 秋田の経済戦略を考える »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/5772162

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙を議論の場に:

« 「子育て税」徹底して議論 | トップページ | 秋田の経済戦略を考える »