« 小沢戦略と今後の政局 | トップページ | 根幹揺らぐ子育て税 »

2007/08/29

安部改造内閣の狙い

8月27日に第2次安部内閣が発足しました。これを報じた翌28日の主要紙の見出しはこうです。「政権浮揚へ重厚布陣」(読売/1面)、「延命へ改革路線修正」(朝日/1面)。読売は好意的に扱っていますが、朝日は同じ1面で編集委員の星浩氏が「政策見えぬ空虚な船出」というタイトルで厳しい内容の解説記事を書いています。もともと読売は政府与党寄り、朝日は逆に野党寄りと見られていますから、論調がこのように異なるのは当たり前かもしれません。

私はこの改造内閣の顔ぶれを見て、自民が挙党一致して背水の陣で臨んだのであろうと推測する一方、まずまずの布陣ではないかと感じました。特に内閣の要である官房長官に政策通の与謝野馨氏を起用したのは、当を得た人事だと思います。しかし、この内閣で今やらなければならない年金や格差、政治とカネのといった課題(参院議員選挙のテーマでもありました)を解決できるのでしょうか。また、安部首相自身が強力な指導力を発揮できるのかという点も疑問です。

社会保険庁、年金の問題への対策として桝添要一氏を厚生労働相に据えていますが、これは総務相に起用された増田寛也氏(前岩手県知事)と並ぶ内閣の目玉です。これは人気取りの側面もあると思いますが、そもそも国民が熱しやすく冷めやすいのは過去の例からも明らかですし、舞台が変われば以前のことはすっかり忘れます。ほんの2年前の衆院議員選挙であれだけ大騒ぎした郵政民営化の問題を今、誰も口にしないのを見れば分かるはずです。

桝添氏を厚生労働相に起用したのは、安部内閣が本腰を入れて年金問題に取り組むことをアピールしたものであるとは思います。ただし、これで安心することはできませんし、国民は今後も厳しい監視の目を向けなければなりません。一方、増田総務相も「地方と中央の格差解消」を重視する姿勢の表れと見ます。ですが、国と地方との財政が複雑に絡む問題だけに、解決は容易ではないでしょう。

さらに、防衛相には就任した高村正彦氏は外務相を経験しているベテランで、次の国会の焦点となるテロ特措法を乗り切るための人事といえます。民主はこの問題では1年の延期を掲げる政府方針に反対してきました。国益を損なわないということに加え、最大野党である民主とどの辺で折り合いをつけるのか、その手腕が問われます。

外務相にやはりベテランの町村信孝氏を持ってきたのは、来年、洞爺湖で行われるサミットを議長国として成功させるためです。外交面では、6ヶ国協議の枠組みの中で北朝鮮の核開発が、日本人の拉致も絡んで非常に難しい問題となっています。国内の課題に気を取られ、世界の潮流、特にアジア外交の展望を見誤ることだけは避けなければなりません。

財務相に起用された額賀福志郎氏の場合、安部総理の経済成長路線を積極的に推し進めるのかどうかが注目されると思います。また、2009年から国民年金の国庫負担を1/2に引き上げるのを受けて、消費税の引き上げ論議も浮上するはずです。これら問題を巡り、国会における論戦はさらに活発化するのは必至です。当然のことながら、新閣僚の力量が試されることになるでしょう。

|

« 小沢戦略と今後の政局 | トップページ | 根幹揺らぐ子育て税 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/7738424

この記事へのトラックバック一覧です: 安部改造内閣の狙い:

« 小沢戦略と今後の政局 | トップページ | 根幹揺らぐ子育て税 »