« 自民党大敗の背景 | トップページ | 小沢戦略と今後の政局 »

2007/08/09

安部総理の指導力不足

自民党が安部さんを総理大臣に選んだのは、参院議員選挙を勝ち抜くという理由が最たるものでした。甘いマスクと柔らかな物腰、父親は外務大臣を経験、祖父と大伯父もやはり総理大臣を務めました。その抜群の毛並みの良さに、自民党が「これなら絶対にいける」と考えたのも無理からぬことであったと思います。ところが、今回の選挙結果を見ればその目論見は完全に外れたと言わざるを得ません。

見方を変えれば、安部総理の育ちの良さはひ弱さを感じさせますし、父親や祖父、大伯父と比べたらカリスマ性や指導力の点ではるかに劣ります。かといって、分析能力や実務能力に優れたテクノクラートというわけでもありません。そもそも、国家のトップとして君臨し、その時々に適切な判断を下して統治していくという仕事は、並大抵のことでは務まらないのです。

安部総理は参議院議員選挙の大敗を受け、党人事の刷新と内閣改造で出直しを図る方針を明らかにしていますが、いくら小手先の延命を図ったところでこの内閣はそう長く続くとは思えません。国民の多くが安部総理に不信感を抱いている以上、厚化粧を施してまでこの政権を維持・継続するのは無理があります。この点については改めて詳述するつもりですが、次の国会を乗り切れるかどうかが第1のハードルになるでしょう。

おそらく、民主党の小沢代表はここぞとばかりに攻めるはずです。選挙結果が結果ですから、民主党を取り込もうなどという甘い考えなど通用するはずがありません。このまま進めば、安部総理はのっぴきならぬ状況にまで追い詰められ、その政治生命に大きな傷を負いかねません。そして衆院解散総選挙ともなれば、今の安部総理ではとても戦いにならないであろうと思います。

今月27日の内閣改造は注目される場面でありますが、ポスト安部までの「つなぎ人事」となることは容易に想像できます。

|

« 自民党大敗の背景 | トップページ | 小沢戦略と今後の政局 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/7467698

この記事へのトラックバック一覧です: 安部総理の指導力不足:

« 自民党大敗の背景 | トップページ | 小沢戦略と今後の政局 »