« 安倍首相退陣後の政局 | トップページ | 森林環境税の先送り »

2007/09/25

県連の定期大会を開く

民主党秋田県連の定期大会が9月24日にあり、その後に党本部の菅直人代表代行にお出でいただいて「躍進パーティー」を開催いたしました。

県連の定期大会は本来、1月か2月に開催しているのですが、今年は統一地方選挙と参議院議員選挙が重なり、この時期にずれ込みました。今回は、とりあえず来年2月の定期大会まで現在の体制で続けることを確認し、寺田学代表をはじめとする役員全員が留任。私も3役の一翼である政調会長を続けさせていただくこととなりました。

また、今回は10名以上の常任幹事もそのまま留任しておりますが、現役議員の占める割合は低いものとなっております。これは、県内に民主党の県議・市議・町議が極端に少ないためであり、非常に気がかりに思っているところです。この点については、政権奪取を目指す政党としては残念なことです。今回の参議院議員選挙のように追い風を受けた選挙であれば、組織がなくても戦えるかもしれません。しかし、風向きが変わればひとたまりもありません。

この組織の脆弱さを克服するためにはやはり、地道であってもそれぞれの地域にしっかりと根を下ろした活動を日常の中で行うことです。そして、それを実践している議員がいざというときに頼りになるのだと思います。我が県連にとって党員やサポーターを増やすことも大切ですが、その意味では地域のオピニオン・リーダーとなる議員を育成することも急務です。

ところで、菅さんを迎えたパーティにはおよそ600人の参加があり、大いに盛り上がりました。今回は県内の市町村長さん、各業界の方々にもご案内を差し上げたところ、予想外のご来場がありました。これも我が党、そして県連への期待の表れなのでしょうか。

大勢の聴衆を前に、菅さんは参議院で非自民が過半数を取ったことを強調し、「例えば国民から集めた年金を他の目的に使わせないための法案を参議院側で通し、逆に衆議院に突きつけていくとか、各委員会で決議をしてこれまで出そうとしなかった各省庁の情報や資料を提供させる(国政調査権)など、あらゆる手段をフル稼働させて国民の前に実績を示し、自民党政権を追い詰めていく」と熱弁をふるいました。

菅さんの側でお話を聞いていて、私は失礼ながら以前のような具体性に欠ける理想論ではないと感じました。菅さんの話しぶりは実に自信に満ち、地に足の付いた内容であったと思うのです。それはお集まりの皆さんも同じだったようで、菅さんが言葉を発するたびに会場が沸き立ちました。例えるならば「いよいよ政権近し」の雰囲気であります。

そして、その成否は次の衆院議員選挙にすべてかかっています。先の参院議員選挙は民主党が勝ったのではなく、自民党が負けたに過ぎないのだという気持ちを忘れず、国民の皆さんに対しては謙虚な心で支持をお願いし、その声に耳を傾けなければなりません。政権取りが夢ではなくなった今回の県連大会では、「有権者の気持ちをしっかり掴むため、党員・サポーターが一丸となって頑張らねば」という思いをいっそう強くした次第です。

|

« 安倍首相退陣後の政局 | トップページ | 森林環境税の先送り »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/8115566

この記事へのトラックバック一覧です: 県連の定期大会を開く:

« 安倍首相退陣後の政局 | トップページ | 森林環境税の先送り »