« 衆院・県内選挙区事情(2) | トップページ | 小沢代表辞任を読み解く »

2007/10/28

衆院・県内選挙区事情(3)

秋田3区については前回選挙に立候補した自民党の現職・御法川信英氏、民主党の京野公子氏、そして村岡敏英氏の名前が挙がっています。村岡氏は一時期、民主党入りの動きもあったようですが、結局は古巣の自民党に戻ってしまいました。これは中川秀直元幹事長筋からの求めに応じたものと言われておりますが、その条件が「コスタリカ方式」での3区出馬であったようです。つまり、御法川氏か村岡氏のいずれかが比例に回るという構図になると見られます。

ただし、御法川氏の周辺では「コスタリカのことはまったく聞いていない」、一方の村岡氏側は「この話には森喜朗元首相も噛んでいる。まだ生きている約束だ」と主張しているそうです。仮にもしこのコスタリカが成立すれば、自民党が有利に戦いを進めると予想されます。しかし、この3人が揃って出馬すれば、京野氏が浮上するのではないかという期待感も出てくるでしょう。社民党と共産党が候補者擁立を見送った場合は特に、非自民支持の票が京野氏に集まると考えられます。

秋田1区、2区のみならず、この3区も非常に注目される選挙区となるのは間違いありません。

|

« 衆院・県内選挙区事情(2) | トップページ | 小沢代表辞任を読み解く »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/8659855

この記事へのトラックバック一覧です: 衆院・県内選挙区事情(3):

« 衆院・県内選挙区事情(2) | トップページ | 小沢代表辞任を読み解く »