« 衆院・県内選挙区事情(3) | トップページ | 政権党のしたたかな計算 »

2007/11/06

小沢代表辞任を読み解く

政界一寸先は闇とよく言われますが、ただただ驚くばかりです。

福田総理との会談で連立を打診され、小沢さんがそれを党の役員会に持ち帰り、反対をされたからといって代表を辞任する必要はそもそもないと私は考えます。小沢さんは連立や政策協議の話が役員会で拒否されたことについて、代表である自分が信任を得られなかったことと同じとし、党内外に対するケジメを示すと説明しているようですが、これには納得しがたいものがあります。

私も連立はすべきではないと思います。過去に細川連立政権が誕生したとき、野党に下野した自民党は仇敵の社会党を抱き込み、村山政権を成立させました。しかし、その次の衆院議員選挙で社会党は国民の信を失い、大敗北しています。このことを忘れてはいけません。

自民政権は今、まったくの手詰まり状態にあります。これを打開するためには、なりふり構わず策を弄するでしょう。長年、政権政党であった自民党は「したたか」です。

自民党と政策協議を進めることは構いません。特にテロ特措法は国際社会における日本の国益を考え、どこかで妥協しなければならないと思います。しかし、連立にまで踏み込む必要はありません。小沢さんが持ち帰った話に、党の役員全員が反対したのは至極当然のことです。もし連立に乗れば次の選挙を戦うことはできません。そもそも小選挙区はどのように調整するのでしょう。

国民は先の参院議員選挙で自民党を拒否しました。これは民主党に政権を担わせてみよう、という気持の現れであろうと思います。したがって、私たちは自民党との対立軸を政策面で明らかにし、政権奪取に向けて堂々と前進すべきです。

私自身は、小沢さんのカリスマ性や指導力、歴史観、先見性を高く評価し、人柄にも惚れ込んできました。しかし、独善的で秘密主義であるという批判もあります。最近は「党内に民主主義がなくなった」という声も聞こえてきます。この点に私は少なからず不安のようなものを感じる一方、参院議員選挙の勝利が必ずしも衆院議員選挙にはつなげらないであろうという危惧も抱いていました。あの自民党が何か仕掛けてくるのは目に見えていたからです。私は、そのひとつが今回の大連立であったと思います。

今回の件で、民主党のイメージダウンは避けられません。ですが、この国の抱える大きな問題―例えば年金、格差、テロ特措法、農政などは何ひとつ解決されておりません。今はまずこの混乱を乗り越えて、党内が一致団結するしかありません。それが次の勝利を掴み、政権に近付くための第1歩なのです。

|

« 衆院・県内選挙区事情(3) | トップページ | 政権党のしたたかな計算 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/8779964

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表辞任を読み解く:

« 衆院・県内選挙区事情(3) | トップページ | 政権党のしたたかな計算 »