« いつまで続く特定財源 | トップページ | 今年は日本を変える分岐点 »

2007/12/22

平野美術館移転の問題点

秋田市中通地区の日赤旧婦人会館跡地の再開発が進められておりますが、この計画案は今まで二転三転しています。

石川前市長のときは商業施設の目玉として芸術ホールの話が持ち上がりましたが、佐竹現市長に代わった途端にこの構想は白紙に戻され、佐竹史料館の移転話が浮上。ところが、この案には地主である県側が難色を示しています。寺田知事自ら反対を唱えたのです。さてどうなるものかと思っていたら、今度は県がすぐ側にある平野政吉美術館を移転させたいと言い出しました。

これには佐竹市長も呼吸が合ったのか、あっという間に話はまとまり、平野美術館が移転した跡地に佐竹史料館を移すというところまで固まりつつあります。しかし、この構想は当の平野美術館を運営する財団法人には何の相談もないまま、県と市が頭越しに話し合って進めたものです。これに平野美術館側が驚いたのは無理からぬことと思います。

そもそも、平野美術館が入居している建物は県の所有です。しかし、展示されている美術品は美術館運営に当たっている財団法人が所有しています。これを勝手に移動させようとする県側の姿勢はどこかおかしいと感じた私は、この問題を18日の予算特別委員会で取り上げ、与えられた30分という時間の枠を使って県側と徹底的に議論いたしました。

私は、美術館を再開発事業の目玉として「客寄せパンダ」に使うということ自体が間違っていると考えます。ましてや、平野美術館は県内屈指の資産家だった平野政吉氏(故人)が、巨費とその生涯をかけて収集したものであり、親交の深かった大画伯・藤田嗣治氏(故人)の作品をはじめとする600余点もの美術品や資料は大変に貴重なものです。

同美術館が所蔵する世界的評価の高い藤田画伯の絵画101点や、秋田の年中行事を描いた大壁画に加え、その建物自体も千秋公園の景観にマッチしたデザインで、館内も藤田画伯の意向を取り入れて宮殿作りとし、ギリシャ式の回廊を設けた素晴らしい建築物として県民・市民に愛されてきました。これらすべてを含めて、私は平野美術館は永久の宝物であり、秋田が世界に誇れる数少ない財産であると認識しております。

■近代美術館の失敗に学べ

かつて、県立近代美術館を建設しようというとき、設立委員会の意向を無視した当時の県上層部が強引に横手市の「秋田ふるさと村」を建設地に決めています。しかし、それは失敗だったという声がオープンから間もなくして聞こえてくるようになりました。というのも、人口が集中している秋田市からあまりに遠く、多くの美術愛好家がその不便さに不満を募らせたからです。

当時は秋田ふるさと村を訪れる観光客をアテにしていたのでしょうが、実際に美術館を利用しているのは入村者の1/10に過ぎません。そもそも、観光施設である秋田ふるさと村と、文化施設である美術館の客層が違う―ということに気付いてなかったのがこの失敗の原因と言っても過言ではありません。

平野美術館も同様に、来訪者の大半は藤田画伯の作品など美術に興味を持つ方たちでしょう。買物客が物珍しさからちょっと立ち寄る、という施設ではないのです。美術館の建物が老朽化して建て替えが必要なのであれば、現在地にしっかりとした(それも100年、200年も耐えられるような)建物を作るべきです。そして、現在の建物が得ている芸術的な評価に負けないものにして欲しいと思います。

文化・芸術的な財産を客寄せパンダにしようという案は、商業地域の活性化を目指す再開発事業にはそぐわないものです。ビル街の一角に個性のないありきたりの施設を作り、そこに秋田が世界に誇る美術品を移そうという安易な計画はこの際、白紙に戻して考え直すべきではないでしょうか。

私たち県民は平野美術館の宝物を大事に守り、次の世代に受け継いでいかなければなりません。おそらく、美術品の専門家や愛好家も今回の計画を悲しんでいる はずです。

|

« いつまで続く特定財源 | トップページ | 今年は日本を変える分岐点 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/9523158

この記事へのトラックバック一覧です: 平野美術館移転の問題点:

« いつまで続く特定財源 | トップページ | 今年は日本を変える分岐点 »