« 秋田2区、独自候補擁立へ | トップページ | 餃子事件と食糧安全保障 »

2008/02/07

2区で進む自民党離れ

先月26日に北秋田市で民主党2区の組織結成大会が開かれたのに続き、今月2日には能代山本地区のブロック会議が開催されております。会場となった能代市中央公民館には能代市の民主党市議団(5名)のほか、同地区の党員・党友、支援者ら110名が駆けつけ、会場は熱気に包まれました。

県連代表の寺田学代議士がまず、ガソリン税を含む政局について解説。その後に私がこれまでの2区における動向や今後の活動方針などについてお話し、党員・党友から出されている「2区でも独自候補を出して欲しい」という求めに応じ、1日も早く候補者を決める方針であることを説明いたしました。

この後の質疑応答ではガソリン税や農業、生活のことなどに関する切実な声が飛び出し、現在の政治に対する不満が頂点に達していることが手に取るように分かりました。私はそうした声に対して「この現状を変えるには民主党が選挙に勝つしかない。参議院議員選挙に引き続き、衆議院議員選挙で勝って民主党と他の野党と過半数を取らなければ、1歩も前に進めない。現状を変えるためにいっしょに戦って勝利しよう」と呼びかけた次第です。

このブロック会議を終えて感じたことは、能代山本地区の皆さんも今の政治に大きな不満を抱えているということでした。もともと保守が強いとされたこの地区でさえ有権者の自民党離れが著しいのですから、次の衆議院議員選挙は本当に分かりません。現状を変えたいという皆さんの願いを実現するため、我が党は総力を挙げて戦います。

|

« 秋田2区、独自候補擁立へ | トップページ | 餃子事件と食糧安全保障 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/10330713

この記事へのトラックバック一覧です: 2区で進む自民党離れ:

« 秋田2区、独自候補擁立へ | トップページ | 餃子事件と食糧安全保障 »