« 秋田2区の公募を終えて | トップページ | 春の連休を終えて思う »

2008/04/30

山口補欠選挙の衝撃

歴代総理を何人も輩出している保守王国・山口県の衆院補欠選挙で、民主党候補が勝利しました。しかも、自民党はあらゆる組織を動かしての総力戦であったにもかかわらず、民主党候補に大差で敗れてしまったのです。

この理由ははっきりしています。それはガソリンの暫定税率を復活させることや、年金と後期高齢者医療制度に向けられた庶民の不満がいかに大きかったかです。さらに、農業や中小企業の衰退など、現在の地方が抱える共通の問題も複雑に絡み、有権者の自民党に対する怒りが爆発したと見るべきでしょう。

福田内閣の支持率は、ここのところ下がりっ放しでしたが、今回の敗戦でさらにマイナスとなるのは確実だと思います。世間のみならず、党内における求心力も失いつつあります。自民党はこの内閣をサミットの後まで持たせようとしていますが、それは容易なことではありません。おそらく、内閣改造などで建て直し、少しでも解散を先送りにするはずです。

民主党の小沢代表にとって、ここは一気に解散まで持ち込みたい場面でありますが、何せ解散権だけは総理大臣が握っておりますので、さすがに思い通りというわけにはまいりません。

話を山口に戻しますと、この補欠選挙は全国的に注目されておりました。したがって、この選挙結果が各方面に及ぼす影響は非常に大きいと思われます。例えば既に、これまで保守の強固な地盤と称されていた農村地域でも地殻変動が起きています。何があっても自民党をがっちり支えてきた農村地域、あるいは準農村地域の皆さんが、自民党の改革に失望して、距離を置くようになってるのです。

これは秋田2区、秋田3区でも同様です。自民党をそれぞれの選挙区で支えてきた市町村議、JAの幹部や農業委員、土地改良区の幹部などはガチガチの支持層と思われていましたが、ここに来て軋みが生じてきていると私は見ます。そして、その下の分厚い岩盤とされてきた保守系の一般有権が動揺、地殻変動を起こしています。これは日本の政治が大きく変わる胎動と言えるでしょう。

この流れは内閣改造や総理大臣の首のすげ替えなどで、一時的に止めることはできるかもししれません。しかし、その方向を変えることは難しいでしょう。いずれ、次の衆院選ではっきりすることには違いありません。

|

« 秋田2区の公募を終えて | トップページ | 春の連休を終えて思う »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/20666204

この記事へのトラックバック一覧です: 山口補欠選挙の衝撃:

« 秋田2区の公募を終えて | トップページ | 春の連休を終えて思う »