« 政局の一寸先は闇 | トップページ | フォーラムを包んだ熱気 »

2008/05/31

政治家たちの台所事情

有権者の多くは「政治家はどうしてそんなにお金が必要なのか」とお考えのようです。しかし、多くの政治家は毎日、毎月のようにただならぬ額の出費を強いられています。中には裕福でお金に困らない政治家もいるでしょうが、私を含めてほとんどの政治家は苦しい台所事情の中でやりくりしているのです。

こんなことを書くと「高松さん、身辺が慌しいのに愚痴を言ってる場合ではないですよ」とお叱りを受けるかもしれませんが、思ったことは口に出さずにはいられない性分ですので、今回はありのままお話ししようと思います。

まず、政治活動をする上で固定的な経費を毎月用意しなくてはなりません。個人事務所を構えている私の場合ですと、事務所の家賃や光熱費、事務所スタッフの給料、社会保険料、電話・ファックス・レタックス・郵便・インターネットなどの通信費、自動車・パソコン・その他事務用品のリース代、駐車場代(複数台分)、さらには印刷物の代金などが固定的に出費している主なものです。

これだけでも相当な額になるのですが、会合などに出席すればそれ相当の参加費をお支払いしなくてはなりませんし、遠方であれば交通費もかかります。また、政務調査もやればやるほど費用がかさむものです。情報収集し勉強するために必要な新聞・雑誌・書籍、その他資料の購入代金なども毎月相当額に達しています。

そして、政治家としての交際範囲も広がれば広がるほど、お付き合いのための経費が必要となってきます。結婚式やお葬式なども、個人的なお付き合いを超えて公的な肩書きで出なくてはならない場合がありますし、記者さんや同僚議員の皆さんとの親睦・情報交換などなど、仕事に関係した会合はここにはとても書ききれないほどです。

さらに、私自身の生活もあります。同世代の皆さんと比べても、私の暮らしぶりは慎ましいものであろうと思いますが、そこから高額の国民健康保険料や生命保険などを支払ってます(年金の積み立てはようやく終わってホッとしているところです)。さらに、議員としてではなく1人の人間としてのお付き合いも色々とございます。公私を含めたスケジュールとそこにかかった費用を書き込めば、おそらく多くの方は「そんなに忙しいのですか!」と驚くのではないでしょうか。

中には「でも、高松さん。報酬やら調査費やらでだいぶ貰ってるのではありませんか」「政治家は悪いことをして稼いでるのではありませんか」とおっしゃる方や、「そんなに大変なのに、よく政治家なんかやってますね」と(やや皮肉交じりに)慰めてくださる方もいらっしゃいます。しかしながら、大半の政治家が自腹を切ってでも活動しているのは、より良い社会を創ろうという思いが原点にあるからです。

なかなか実情を分かっていただけないのは仕方のないことですが、時にはこうして愚痴りたくなる気持ちだけはご理解いただきたいと思います。

|

« 政局の一寸先は闇 | トップページ | フォーラムを包んだ熱気 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/21304381

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家たちの台所事情:

« 政局の一寸先は闇 | トップページ | フォーラムを包んだ熱気 »