« 秋葉原殺傷事件に思う | トップページ | 2区有権者の反応に驚く »

2008/06/30

秋田2区への対応について

6月20日午後に民主党本部で小沢一郎代表と会い、30分以上にわたって秋田選挙区の情勢について話し合いました。

小沢代表は「秋田は1区、2区、3区とも非常に厳しい選挙になる」と言い、私が2区に出馬した場合の社民党や連合との関係に触れ、選挙全体に何らかの支障を来たすのではないかと懸念していました。つまり、2区は社民党に譲って1区と3区を我が党で確実に取るべきであるというのです。

私もさまざまな角度から情勢を分析し、民主党が2区で候補を立てて戦った場合、例え選挙区で負けても比例で当選する可能性があると見ていました。しかし、民主党の県連幹事長という立場を考えれば、そこに自分が候補者として立って当選すれば良いというわけには参りません。結局、考えた末に小沢代表の意向に従うことにした次第です。

半年以上も前から2区総支部の組織立ち上げに携わり、独自候補擁立を掲げて頑張ってきた党幹部の皆さんや支持者の皆さんの気持ちは痛いほど分かりますし、私自身も残念な気持ちになることは確かであります。もちろん、このような形で運動にストップがかかり、「他党の候補を応援せよ」といわれても、皆さんが即座に対応するのは困難であることも想像できます。

6月28日午後に開かれた2区常任幹事会では、今回の決定に対する怒りや不満が噴出したのは地元紙が報じた通りです。今回の決定に対する彼らの心情を考えると、私は自らの力不足を認めざるを得ませんし、ただただ「申し訳ない」という思いで胸がいっぱいになります。

ただ、今回の決定は極めて異例のことであります。選挙区支部で候補者の擁立を決めて県連でも満場一致でそれを支持し、党本部に判断を仰ぐという形を取りましたけれども、これは事実上の公認申請でありました。下から積み上げたものとは違う判断を党本部で下すというのは滅多にないことであり、あくまで県全体を考えた上でのことです。地域の声を軽んじてるわけではない、ということだけはご理解ください。

おそらく、菅さんや鳩山さんであればこのような結果にはならなかったかもしれませんが、これも選挙の勝敗を重視する小沢代表ならではの分析・判断、政治手法なのでしょう。

|

« 秋葉原殺傷事件に思う | トップページ | 2区有権者の反応に驚く »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/21981279

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田2区への対応について:

« 秋葉原殺傷事件に思う | トップページ | 2区有権者の反応に驚く »