« 8月15日への思い(2) | トップページ | 福田総理の辞任と次の選挙 »

2008/08/24

私のささやかな楽しみ

国会議員であれ県議会議員であれ、政治家は毎日を忙しく過ごしているという点で共通しています(それぞれの仕事の中身は別として、ですが)。

議会の開会中は会議の連続ですし、閉会中もあれやこれやでスケジュールはびっしり詰まっています。もちろん、夜もゆっくりできません。お酒を伴う会合に出ることが意外と多いので、帰宅したらそのまま倒れるように寝てしまいます。

そこで、私は朝の時間を大切にするよう心がけています。

私は季節にかかわらず午前5時頃には起床し、午前9時頃までの4時間がプライベートタイムです。目覚めた後に少しばかり散歩して体を動かし、それからクラシック音楽を聴きながらいくつかの新聞にじっくり目を通します。読書の時間も少しばかり作ってありますが、これは勉強というよりは頭の体操くらいのものです。

そして、最近は庭に植えられた花をゆっくり眺めるのも楽しみになっています。ベゴニアにサルビア、インパなどなど、赤やビンク、白色の鮮やかな花が咲き乱れる様子を目にすると、やはり心が和みます。花はそれぞれに与えられた時間の中で、生命を精一杯輝かせているのです。

こうした花々の横の狭い空間を利用して、キュウリ、ナス、トマト、ピーマン、シソ、インゲン、スイカなども育てていますが、毎日ぐんぐん大きくなっていく姿は驚きですし、その新鮮な自然の恵みは朝の食卓を美しく彩ってくれます。

このように書くと「贅沢だ」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、庭といっても何百万、何十万もかけた立派なものではありません。高価な植木があるわけでもなく、1本50円ほどの花の苗、知り合いからタダで譲り受けた野菜の苗を植えてあるだけです。つまり、お金をかけなくてもやり方次第で楽しめるのです。

ただ、いつも残念に思うのは、これらの美しい花を眺めていられるのも10月いっぱいまでということです。霜が降り、冷たい風が吹くと一夜にして彼らは枯れてしまいます。花の命は植えてからおよそ半年ほどとはいえ、私たちの心をこれほど豊かにしてくれる素晴らしい存在だと思います。だからこそ、私は彼らに水や肥料を与えて大切に育てているのです。

|

« 8月15日への思い(2) | トップページ | 福田総理の辞任と次の選挙 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/23210053

この記事へのトラックバック一覧です: 私のささやかな楽しみ:

« 8月15日への思い(2) | トップページ | 福田総理の辞任と次の選挙 »