« 気がかりな寺田知事の発言 | トップページ | 学力テストにこだわる知事 »

2008/09/25

慌しい政局と今後の展望

9月定例県議会が開催されている最中、21日は民主党の臨時党大会、翌22日は自民党の総裁選があったように、慌しい政治日程が続いています。また、民主党は臨時党大会に合わせて全国都道府県検事長会議も開き、それぞれの選挙区の候補者調整などについて党本部とかなり激しいやりとりがありました。選挙直前の緊迫した会議であったと言えます。

臨時党大会には現職の国会議員や公認候補、都道府県の代表など実に1000人以上が集まり、会場を熱気で埋め尽くしました。小沢一郎代表の政権構想が発表される頃にそのムードはクライマックスに達し、政権獲得への意欲がみなぎっていたと思います。

一方、翌日に開かれた自民党大会はどうだったのでしょうか。私がテレビなどで見た限りの感想ですが、時間をたっぷりかけて総裁選候補者が全国を遊説した割には、さほど盛り上がったようには感じませんでした。確かに、最初から勝者が決まっている出来レースのようなものでしたし、国民にもあの「小泉劇場」を眺めていたときのように興奮することはなく、意外にクールであったようです。

いずれ、政党支持率を何パーセントか上げたところで、起死回生のチャンスを作るという目論みは失敗に終わったのではないでしょうか。

さて、麻生政権誕生後の見通しです。私はこの内閣が実に短命で終わると考えています。経済対策を最優先し、政権浮上と自民党の支持率アップをねらっているはずですが、国民の反応は果たしてどうでしょう。

ガソリンの暫定税率に始まって、年金、後期高齢者医療制度、農業、格差、さらには輸入食品や汚染米、リーマン・ブラザース倒産などなど、何もかもが行き詰っていることは明らかです。国民の政治に対する不満が高まる中、硬直化した官僚制度に乗った自民党の政治がこの難局を打開することはできないと思います。

予算編成を根本的に組み替えるとか、明治時代から続く官僚を中心とした統治機構を変えるとか、小沢代表が臨時党大会で披露した政権構想を聞いていると、それが実現できれば日本は大きな歴史の転換点を迎えるという希望が生まれてきました。しかし、それが出来なければ国民はより大きな失望を抱くことは避けられません。

11月選挙の可能性は高まってきましたが「我々国民の1票、1票がこの日本を変えるのだ」ということだけは忘れて欲しくないものです。

|

« 気がかりな寺田知事の発言 | トップページ | 学力テストにこだわる知事 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/24007525

この記事へのトラックバック一覧です: 慌しい政局と今後の展望:

« 気がかりな寺田知事の発言 | トップページ | 学力テストにこだわる知事 »