« 私のささやかな楽しみ | トップページ | 総裁選に潜む自民の策略 »

2008/09/03

福田総理の辞任と次の選挙

何もかもびっくりです。安倍総理の時と同じことの繰り返し。まさか一国の総理があのような形でまたしても辞任するとは、いったい誰が想像したでしょう。理由はどうあれ、日本の政治が地に堕ちたといっても決して過言ではありませんし、諸外国に対するイメージダウンも計り知れないと思います。驚き、呆れたというのが私の率直な感想です。

内閣改造をやって政権を建て直そうとしたものの、何もかも行き詰ってしまい、さらには臨時国会を乗り切ることさえ危ぶまれていました。解散しようにも支持率が低迷し、自分の手ではできないという判断があったのでしょうか。しかし、次の総理が自民党に誰になってもそれほど好転が見込るものではありません。

既得権益を守ろうという自民党内の抵抗勢力と、構造改革をとにかく進めようというする勢力の凄まじいまでの綱引きがあったことに加え、連立を組む公明党に自民党を突き放そうという最近の動きが絡み、二進も三進もいかない状態にあったことは容易に想像されます。また、年金やガソリン、後期高齢者医療制度、物価高など国民の生活に直結した懸案が何ひとつ解決できず、国民の怒りは爆発する寸前です。そこで政権を放り出してしまうのですから、呆れるしかありません。

特に、格差にあえぐ地方は農業も商工業もダメになってしまい、雇用不安が広がっています。生活がどんどん厳しくなる一方では、政権政党への不満が高まるのは当然のことです。次の選挙では、今の政治に対する不満が表面化し、雪崩をうって野党に支持が集まるものと予測されています。

しかし、それでも際どいところで自公連立も民主党も過半数を獲得できないという状況も考えられます。そうなれば、両者の政権をめぐるせめぎ合いはさらに激化するでしょう。ただ、ここで考えなくてはならないことは、単なる数合わせではなく、特に野党第一党である民主党の政策が、自公連立との対決軸を国民に対して明確に示せるかどうかです。国家としての日本の姿・形をはっきり示し、進むべき方向を打ち出す必要があると私は考えます。

そして、政策を実現するためには、既得権益を守ろうとする官僚を組み伏せることができるかどうかも大きな課題となります。彼らに屈してしまえば、たちまちのうちに国民から見放されてしまうのは明らかです。その意味で、民主党は選挙に勝つことに加え、これらの事柄にも今から充分気配りしていかなくてはなりません。

いずれにしても、次の選挙は時代を変え、歴史的に大きな意味合いを持つ戦いになることだけははっきりしています。

|

« 私のささやかな楽しみ | トップページ | 総裁選に潜む自民の策略 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/23467248

この記事へのトラックバック一覧です: 福田総理の辞任と次の選挙:

« 私のささやかな楽しみ | トップページ | 総裁選に潜む自民の策略 »