« 国益を損なう田母神論文 | トップページ | 知事選への対応について »

2008/11/25

不安に満ちた現代社会

毎日のように凶悪な事件が発生する中、厚生省のトップである事務次官の経験者2人が狙われ、尊い命が奪われるという異様な犯罪が起きました。これは正に「恐ろしい」という以外に言葉が見当たらず、暗くて不安に満ちた時代の再来を感じずにはいられません。

昭和4年、アメリカで引き起こされた経済恐慌はたちまちのうちに世界を飲み込み、日本でも多くの銀行や大企業がバタバタと倒産しました。職を失った人々が街に溢れ、国民を不安のどん底に落とし入れたのです。こうした中、右翼団体の構成員や軍の急進的な若手将校によって、政界や財界のトップが次々と殺害されるというおぞましい事件が多発しています。

昭和5年11月、浜口雄幸首相が東京駅で右翼団体・愛国社の佐郷屋留雄男に狙撃されて重傷を負ったのを皮切りに、昭和7年2月には井上準之助前蔵相が血盟団の小沼正によって暗殺されました。そして、翌3月には三井合名理事長の団琢磨も同じ血盟団の菱沼五郎によって命を奪われ、同年5月にはあの5.15事件が起きます。

この時は帝国海軍急進派の青年将校を中心とする反乱分子が首相官邸を襲撃、犬養毅首相を射殺しました。さらに昭和11年2月には陸軍皇道派の将校らが部隊を率いて蜂起し、首相官邸などを襲って高橋是清蔵相、斎藤實内大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監らを殺害(2.26事件)。こうした世相を背景に軍部の独走が始まり、やがて言論の自由も奪われることになったのです。

この間、政治家や政党は争いを繰り返した挙句に無力化、時代を建て直すことは叶わないばかりか、昭和8年の国際連盟脱退を経て日本が世界の潮流から外れてしまったことは、誰もが知るところでしょう。この歴史を振り返ってみた時、今の時代と重なるところがいくつもあるような気がしてなりません。

今回もアメリカに端を発した金融恐慌が日本経済を直撃し、大不況に見舞われた結果、多くの失業者を生んでいます。ところが、肝心の国政は停滞して何ひとつ前進できずにいます。政党政治に対する国民の不信がますます募る中、不況の厳しさをまるで感じていない官僚の保身にもその不満の矛先は向けられています。

時代に対する民衆の鬱憤は、最後は必ず政治に跳ね返ってくるものです。元事務次官2人を狙った襲撃事件は今のところ、政治的に深い背景はなさそうに見えますが、だからといって安堵するわけにはいきません。私も含めて政治家や官僚はこの際、こうした狂気を生む時代をしっかり見つめる必要があるのではないかと思います。

|

« 国益を損なう田母神論文 | トップページ | 知事選への対応について »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/25632147

この記事へのトラックバック一覧です: 不安に満ちた現代社会:

» 【最高裁判決】DNA検査は憲法違反【となったら?】 [!うにまろ!日記]
国籍法改正案を許してはいけません。 廃案にしなければいけません。 今回少しでも譲ったら、また押してきます。 毎回毎回少しずつ我々が譲ってきた結果が、「現状」なんです!!! もうこれ以上譲ったらいけない!!! 今回から、もう二度とほんの少しでも譲ったらいけないのです!!! 今、こんなに給料安くなったのも、労働運動をさせない財界の傀儡労組に譲ってきたから。 米の言いなりになり「年次改革要望書」どおりの政策しか重要でなかった政府を許し、バカばかりの政治家どもを許してきたからです。 嘘をつき、金しか考えず、... [続きを読む]

受信: 2008/11/29 18:08

« 国益を損なう田母神論文 | トップページ | 知事選への対応について »