« 常任幹事会で方針を確認 | トップページ | 12月県議会を振り返って »

2008/12/18

県知事選をめぐる動き

ここ最近、橋本五郎さん(読売新聞特別編集委員)が有力候補として注目を集めております。ただ、橋本さん自身は今のところ「出る」とも「出ない」とも言っておりません。自民党は先日、県連幹部が上京。橋本さんを粘り強く説得したようです。現在は橋本さんの返事を待っている状況にありますが、いくら自民党の懐が深いとしても、今年いっぱいが限度ではないかと思います。

一方、労働界の連合秋田は橋本さんの出馬に対して、好意的な受け止め方をしているようですが、今のところは静観しています。そして、私たち民主党はどうしているのかと言えば、残念ながら内部の意見が十分に固まっておらず、対応がまだ見えないという段階にあります。そして、これらの動きをじっくり眺めているのが、佐竹敬久秋田市長ではないでしょうか。

周辺から聞こえてくる話によると、佐竹市長もまんざらではないと言います。仮に橋本さんが出ないということになれば、この方の動向が注目されることは間違いありません。ただ、以前は佐竹市長を支持していた自民党が消極的(今のところは、です)である他、非自民も佐竹市長でまもとまるかどうかは分かりません。となれば、県政界の両翼がまとまらないうちに、佐竹市長が待ち切れず飛び出すことも考えられます。

来春の県知事選はできれば党派を超え、県勢回復に取り組める人材を皆で送ろうという雰囲気が自民側にも非自民側にもまだあります。県内の政党や団体がそれぞれ利害を捨てて、この秋田県のためにということで橋本さんや佐竹市長、あるいは他の方に絞り込めるかどうか、それとも従来のように自民・非自民に分かれて戦うのかどうか。まだまだ構図は見えてきません。

衆議院議員選挙も複雑に絡み合う中、今後の水面下の動きが気になるところです。

|

« 常任幹事会で方針を確認 | トップページ | 12月県議会を振り返って »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/26286644

この記事へのトラックバック一覧です: 県知事選をめぐる動き:

« 常任幹事会で方針を確認 | トップページ | 12月県議会を振り返って »