« 見えてきた知事選の構図 | トップページ | 世界的恐慌と経済対策(1) »

2009/01/29

常識を覆した山形県知事選

山形県知事選(1月25日投開票)の結果には、当の山形県民も驚いたのではないでしょうか。自民系の現職で2期目を目指していた斎藤弘さんが、新人の吉村美栄子さんに1万票も差をつけられて負けたのだから当然です。

現職に何か不祥事があったわけではありませんし、日銀出身の経歴を生かして手堅い県政を進めてきた点は、むしろ評価されていたと思います。そんなエリートが、元教育委員の主婦にじわじわ追い上げられて、ついには逆転負けを喫したのです。しかも、山形県は保守王国と呼ばれています。前回の衆院選でも、3つの選挙区は全て自民党が勝利しました。

その山形県で非自民系の知事が誕生したのですから、大きな地殻変動が起きたと言わざるを得ません。そして、この結果をどう見るかが重要です。今は「自民党」の看板を背負っただけで、選挙は不利になるということでしょうか。逆から見れば、「民主党」の旗を立てれば選挙戦は有利なのでしょうか。つまりは、人柄や経歴、実績、あるいは政策の中身といった勝負ではなく、有権者は自民か非自民かという極めて単純な選択をしたとも考えられます。

一方、秋田県では知事選に向けて統一候補を立てようという動きがあります。俗に「相乗り」と呼ばれる手法ですが、党派を超えて団結することで無用な争いを回避できる反面、有権者には分かりにくいとあって、「妥協の産物」と見られることも少なくありません。また、自民党と民主党の対決が明確な衆議院議員選挙も近いとなれば、知事選がその前哨戦となる可能性も高くなります。

知事選の候補者選びは難航してます。県政に関わる者のひとりとして、お隣り山形県で示された結果をさらに分析してみることの必要性を感じております。

|

« 見えてきた知事選の構図 | トップページ | 世界的恐慌と経済対策(1) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/27575825

この記事へのトラックバック一覧です: 常識を覆した山形県知事選:

« 見えてきた知事選の構図 | トップページ | 世界的恐慌と経済対策(1) »