« どうにもならぬ政治状況 | トップページ | 小沢代表は、今何故狙われたか »

2009/02/25

秋田市長選、県議補選の行方

この春は選挙でにぎやかな季節となりそうです。

佐竹さんが市長を辞職したのに伴う秋田市長選に、秋田市選出の県議・穂積志さんが出るのは間違いないでしょう。さらに、県議会では淡路定明さんと冨樫博之さんも出馬に意欲を見せているようです。そして、知事選の告示の3月25日までに県議が1人でも辞職すれば、その穴を埋める県議補欠選が始まります。この場合、知事選と補欠選は同日投票となります。

穂積さんは選挙に強いことで知られております。しかし、少人数で1議席を争う市長選は少々勝手が違います。秋田市選出の県議3人が仮に揃って立候補した場合、際どい戦いになるのではないかと見る方もいるようです。

8年前の市長選は、佐竹さんと穂積さんの対決になると思われていました。そこに非自民色の強い女性候補が出馬したことで穂積さんの票が割れ、自民党の推す佐竹さんが漁夫の利を得る形となってしまいました。今春の選挙で誰が勝つかは、顔ぶれの分からない今の段階で予想するのは困難です。当然、穂積さん本人も誰が出てくるのかを警戒していると思います。

その穂積さんの対抗馬として出てきそうな淡路さんは穂積さんに比べ全域的な組織はありません。しかし、民主・社民・連合がテコ入れすることで善戦できると見ています。政党に属していませんが、民主党県連の寺田代表とは近いから、新しいスタイルの選挙を展開するのではないでしょうか。ただ、後を見たら誰もいなかった―ということがないよう、用意周到に準備を進める必要があるでしょう。

そして、この2人の動向をじっくり観察しているのが冨樫さんです。県議選で示した集票能力は常に穂積さんと1、2を争っています。そして、保守層に堅い支持を持っています。市長選を戦うに十分な基盤は持っています。今回に限って言えば自民の看板が邪魔になりそうです。これさえクリアできれば8年前の佐竹さん同様、漁夫の利を得る可能性を持っています。

県議補選は、2年前の県議選で落選した方にとって千載一遇のチャンスです。竹下博英さんや黒崎一紀さんの再挑戦は早くから話が出ていますし、市議選で落ちた三浦芳博さんが県議補選へ出馬する意思を固めたとの情報などもあります。仮に3つの枠ができるとしたら、保守系から確実に1人は上がってくるのではないでしょうか。

もちろん、非自民にとってもこの県議補選は勢力拡大の機会です。民主系の無所属という肩書きで戦えば、おそらく1人は当選圏に入ってくると見ています。非自民系では目下、前市議の土田整さんが手を上げるのではないかとの見方もあります。ガッツがあって人脈も広い方ですから、出馬すれば面白い戦いをすると思います。

そして、もうひとつの関心事といえば病気で1度も登院していない鈴木孝雄さんです。巷では鈴木さんが辞職して、夫人の丸の内さんが代わりに出るのではないかとのウワサ話も出ています。私自身の見方ではその可能性は低いと思います。

いずれ、この2つの戦いが知事選に重なることで3月に入れば選挙ムードはさらに加速することでしょう。

|

« どうにもならぬ政治状況 | トップページ | 小沢代表は、今何故狙われたか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/28359180

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田市長選、県議補選の行方:

« どうにもならぬ政治状況 | トップページ | 小沢代表は、今何故狙われたか »