« 秋田市長選、県議補選の行方 | トップページ | 東京地検は「正義」の砦か »

2009/03/06

小沢代表は、今何故狙われたか

小沢一郎代表の公設秘書逮捕の報は、順調に支持率を上げ政権が近付いたと思っていた矢先のことだけに驚いています。正に青天の霹靂、政界一寸先は闇です。

本来、警察ではなかなか暴けない権力者の犯罪を追及するのが東京地検特捜部です。、しかし、解散があるかもしれないというこの時期に何故、権力を持たない野党党首の政治団体だけが狙われたのでしょうか。

西松建設から献金を受けていた政治家の中に与党の複数の国会議員も入っていた事を考えれば、この逮捕劇の裏に何かあるのではないかと感じるのが普通です。時効が間近であったというマスコミの解説にしても、意図的な情報のリークに基づくものだという識者の指摘もあります。

東京地検は公設秘書の逮捕の理由として、小沢代表の政治団体が西松建設の隠れみのとされる政治団体から寄付された2100万円について、政治資金規正法で禁じられている企業献金だと承知して受け取っていたのではないかと疑っているのです。公設秘書の逮捕に踏み切った特捜部は相当の確証を得ているのかもしれませんが、公判ではこの先かなり際どい展開になるのではないでしょうか。

これまで政治改革を目指す中で、政治とカネの関係は常に問われてきました。献金をしたりパーティー券を購入する側にしてみれば、何らかの見返りを政治家に対して期待しているケースもないとは言えません。したがって、受け取る側の政治家はその意図を見極める必要がありますし、法に基づいて厳格に処理しなければならないのは当たり前のことです。その見極めにおいて、小沢代表の公設秘書には確認の甘さがあったのかもしれません。

しかし、それでも次期総理と見られている野党党首を狙い撃ちしたかのような印象は拭えないでしょう。いずれ、このタイミングで小沢代表の公設秘書が逮捕されたことにより、民主党のイメージが少なからずダウンすることは避けられないと思います。逆に、自民党にとってはまたとない反撃のチャンスになるのかもしれません。

なお、小沢代表は会見で「何らやましいことはない。適法に処理し、(収支を)届け出て公にされている」と話し、自身の潔白を国民の皆さんに訴えております。今は党員としてその言葉を信じつつ、今後の成り行きをじっと見守るしかありません。                           

|

« 秋田市長選、県議補選の行方 | トップページ | 東京地検は「正義」の砦か »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/28491337

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表は、今何故狙われたか:

« 秋田市長選、県議補選の行方 | トップページ | 東京地検は「正義」の砦か »