« 民主党は「ひどい政党」か? | トップページ | 秋田県知事選の顛末 »

2009/04/05

ミサイル発射への過剰反応

この度のミサイル騒動に半ばあきれています。発射した、しないで2度も誤って情報を流してしまうなど、日本の防衛はいったいどうなっているのかと不安になります。全くお粗末ですし、世界中に日本の防衛体制の弱さをさらけだしてしまったようなものです。これは責任者が謝って済む話ではありませんし、国家の存在そのものに関わってくるのではないでしょうか。

また、今回の件では政府はもちろんのこと、マスコミも大げさに騒ぎ過ぎたのではないかという思いもあります。連日の報道のとばっちりを受け、秋田県では知事選も前半はしらけ気味でした。もちろん、日本の上空を北朝鮮のミサイルが通過するというのは由々しき問題です。しかし、これに対処するためのイージス艦、迎撃ミサイル「パトリオット3」の配備は粛々と進めれば済むことです。

政府はむしろこれを必要以上にあおり立て、マスコミも大げさに取り上げていたような気もいたします。国民の関心をミサイルに釘付けにし、年金問題などいくつもの失政から目をそらそうとしたのではないか、と勘繰りたくもなります。事実、世界の歴史を振り返ってみると、時の政府(権力者)が内政で大きな失敗をしたり、国内が混乱して収拾がつかなくなると、近隣の国との対立をことさら宣伝し、場合によっては戦争を起こすこともありました。これは、外に敵を作って国民の不満の矛先を向けさせるやり方です。権力者によるこうした誘導に乗ることなく、我々国民はその思惑を見抜かなくてはなりません。

今回のミサイル発射の件について「神風が吹いたようなものだ」などと発言した自民党の国会議員もいたようですが、いい加減にしろと言いたくもなります。

ともあれ、隣に世界の潮流からまったく外れている異質の国家が存在しているということだけは、忘れてはならないと思います。

|

« 民主党は「ひどい政党」か? | トップページ | 秋田県知事選の顛末 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/28976539

この記事へのトラックバック一覧です: ミサイル発射への過剰反応:

« 民主党は「ひどい政党」か? | トップページ | 秋田県知事選の顛末 »