« 注目を集める選挙協力 | トップページ | 春の連休に思うこと »

2009/04/24

佐竹県政へのスタンス

12年続いた寺田県政が終わり、佐竹県政がスタートしました。私たち民主党が選挙で対抗馬を応援したこともあり、ここ最近はマスコミ各社や周辺の皆さんから「高松さんたちはどんなスタンスで今後の県政に臨みますか?」とよく聞かれます。私はそれに対して「それほど堅く考える必要はないでしょう」と答えています。

選挙は選挙です。しかし、終わってしまえば敵味方なく、議会人として毅然とした行動を取ればいいと私は思います。私は寺田県政時代は与党議員のひとりでしたが、後半は議会で厳しく対峙してきました。あの子育て新税にせよ、地域振興局の再編にせよ、明確に反対の態度を示しましたし、新年度予算についても原案否決・修正案賛成の立場を取りました。

ところで、自民党は今回の補欠選挙で当選した3氏を加えて、45の議席のうち過半数の26を占める大所帯となりました。これで、正副議長はもちろんのこと、常任委員会の委員長ポストも5つのうち4つまでを占めることになるでしょう。つまり、予算案であれ条例案であれ、自民党会派がやろうと思えば何でも通すことが可能となります。

もし、その自民党に押されて他の小会派が飲み込まれてしまうと、県民の皆さんから「オール与党化」とか「馴れ合い」といった批判を受ける恐れもあります。この辺りのバランスを議会はどう取っていくかが問われます。また、与党であっても是は是、非は非として毅然とした対応をしていくことが非常に大事であろうと思いますし、県民世論もこの点に注目することになるのではないでしょうか。

さて、前知事の寺田さんは議会とは対決姿勢で向き合うことが多く、ひと言で表現すると、力で押しまくるタイプでありました。一方、新知事の佐竹さんは記者会見などで議会に対しては「対話型」で望むと宣言しております。これはもちろん、結構なことです。さらに、佐竹さんは「議会と対話することで反省点も出てくるし、それを政策に反映できる」と言っております。私もそこが大事であると思います。

政策立案の段階で議会の意思を反映させるという手法は、議会制民主主義の基本です。私が議会に入ったばかりのころ、先輩議員からは「議会は余計なことをしなくていい。チェック機能だけはしっかりやれば良いのだ」と指導されたものです。しかし、その当時と今では地方の政治状況は大きく変わりました。

地方分権が進み、国の機関の委任事務も大幅に減少し、行政と議会が一体となって地域の政策を立案する時代です。その意味においても、佐竹知事の対話型の柔軟な姿勢に期待したいものです。

|

« 注目を集める選挙協力 | トップページ | 春の連休に思うこと »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/29264663

この記事へのトラックバック一覧です: 佐竹県政へのスタンス:

« 注目を集める選挙協力 | トップページ | 春の連休に思うこと »