« 日米戦は回避できなかったか | トップページ | 「アメリカの時代」の終焉 »

2009/05/30

「夫婦別姓」問題を考える

日本では結婚を機に女性側が男性側の姓を名乗るケースが大半で、それが当然のことだと思われています。しかし、海外は必ずしもそうではないようです。

国会でも夫婦別姓の問題は何度も議論されてきましたが、未だに決着していません。特に自民党の議員の間では、夫婦が別姓を名乗ることで家庭が崩壊するのではないかという心配から、これに反対する意見が多いようです。一方、民主党は逆に夫婦別姓を時代の変化の中で要望が高まってると受け止め、容認すべきと主張しています。実を言えば私もながらく夫婦で別姓を名乗っていますが、その経験からするとそれで家庭や家族制度が崩れてしまうという論はよく理解できません。

我々夫婦の場合、女房は職業の関係で旧姓の「市川倫子」を今日まで使っています。戸籍上は「高松」となっていますが、職場ではもちろんのこと、どこへ行っても市川でとおしています。したがって、我が家の玄関には「市川」と「高松」の表札が並んでおります。このように互いに旧姓を名乗っていても、夫婦仲が気まずいとか、疎遠であるといったことはございません。のろけるつもりはありませんが、夫婦仲はきわめて円満だと思います。

女房が別姓に不都合を感じるのは、病院の窓口などで「高松さん」と呼ばれてうっかりすることがたまにあるとか、旅行のときなど宿泊先で「お連れ様が先にいらしております」と言われて少しばかりバツの悪い思いをするくらいのものです。

これは余談になりますが、結婚した当時に「夫婦別姓で通せないものか」と思い、法務省に掛け合ってみました。「実は妻がオペラ歌手で今の名前を変えられないんですが何とかならないものでしょうか」と訪ねると、担当の方が「高松さん、良い考えがあります。あなたが市川さんの姓を名乗ればいいじゃありませんか」というのです。私は、「いや、私もいずれ選挙に出ると言う事ももありますのでそれも困るんです」といったら「えっ本当ですか」とびっくりし、「残念ですが今の法律ではどうにもならないんですよ」と言われたことを思い出します。                                               

我々夫婦のようなケースはめったにないと思いますが、今日、女性はかなりの方が社会進出しています。結婚と同時に姓が変わることによって、不利益を蒙るケースが出てくるという指摘は当然です。例えば、先日まで「佐藤さん」と呼ばれていたのが結婚を機に「田中さん」に変わることで、本人ばかりでなく周囲も戸惑いますし、新しい姓が定着するのにかなりの時間を要することもあるでしょう。特に対外的な仕事に携わってる方からは、大変困っているという話をよく聞いております。

かつては結婚して主婦に専念する女性が多かったため、こうした弊害が論じられることも少なかったと思います。しかし時代は変わって女性の社会進出は進み、行政も「男女共同参画」の旗を高く掲げています。自民党の国会議員の皆さんも家族が崩壊するなどという偏見を捨てて、ここらで夫婦別姓を法的に認める作業を急ぐときであると私は思うのですが、皆さんはどうお考えでしょうか。

|

« 日米戦は回避できなかったか | トップページ | 「アメリカの時代」の終焉 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/29871571

この記事へのトラックバック一覧です: 「夫婦別姓」問題を考える:

« 日米戦は回避できなかったか | トップページ | 「アメリカの時代」の終焉 »