« 歴史にのみ込まれた川島芳子 | トップページ | 衰退していく集落 »

2009/05/17

民主党代表選を終えて

小沢一郎前代表の秘書が逮捕されるまでは、各種世論調査の結果はもちろんのこと、私が直接回りから得た感触からでも民主党に対する国民の期待は相当なものでした。一種のブームのような現象で、あのままの流れであれば確実に政権が交代していたでしょう。

ところが、東京地検による小沢代表の秘書逮捕という出来事により、国民の気持ちは一気に冷めてしまいました。一夜にして民主党を見る国民の目が変わってしまったのです。

私自身も、「西松問題」を引きずったままでは次の衆院選は戦えないと見ておりました。残念ですが、小沢代表が辞任する以外方法がないのでないかと思っていたのです。小沢さん自身もその辺の空気を充分に読んだ上で代表の座を降り、すばやく代表選が行われることになったわけです。

欲を言えば党の看板としてはこの際、クリーンなイメージの強い岡田克也さんが新代表にふさわしかったとも思います。しかし、挙党体制でこれからの選挙戦を戦うとなればさまざまな見方もありますけれども、ここは鳩山由紀夫さんで無難だったのかもしれません。

と言うのも、全国の選挙区の情勢を分析し、ありとあらゆる手を尽くして選挙に向けた準備を進めてきたのは小沢さんでした。その小沢体制を幹事長という重要な立場で支えてきたのが他ならぬ鳩山さんです。どう言われようとも、これを崩すことは党として大きな痛手でありますし、その点からしても鳩山新代表を先頭に挙党体制で戦うのが一番良いのです。

一方、岡田さんが今回、95人の支持を得て善戦したのも事実ですし、その結果も非常に重いと思います。挙党体制で選挙に臨むということであれば、岡田さんを幹事長、小沢さんを事実上選対本部の責任者に置くことになるのではないでしょうか。メディアは小沢代表の院政を疑い、一部では「傀儡」という批判もあります。ですが、これは余りにも予断に満ちたものです。

今朝(5月17日)のテレビ番組の中で鳩山新代表が、党のカネのことでも何でもすべて代表である自分が判断していくのが当然であると言い切っています。メディアがいつまでも西松問題と民主党を結び付けることにこだわり過ぎるのを見るにつけ、それでは自民党型政治をここまま続けて良いのかとも言いたくなります。

今、多くの国民の生活は大変な状態にあります。国民はもちろん、メディアも「このままの日本で良いのか」を今一度立ち止まって冷静に考えるべき時です。そして、この国家の未来を明るく展望のあるものにしなければなりません。年金、医療、経済などありとあらゆる問題が先送りされ続け、そのツケを国民が負わさるのではたまったものでありません。

自民党政権は、ここまで何ひとつ手を打てず事態を悪化させました。この方向を転換させようという国民の願いが、民主党に対する期待感であるとと私は考えます。西松問題を契機にそのムードは一時萎んだかに見え、麻生内閣の支持率は逆に上向いています。自民党の政党支持率もやや回復しています。しかし、比例の政党支持率だけは依然として民主党が優位に立っています。これは、底流で民主党への期待がまだまだ高いことを示唆しているのではないでしょうか。

私は、鳩山副代表の下で挙党体制で望めば必ず国民の理解がえられ政権獲得ができると確信しております。

|

« 歴史にのみ込まれた川島芳子 | トップページ | 衰退していく集落 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/29657624

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選を終えて:

« 歴史にのみ込まれた川島芳子 | トップページ | 衰退していく集落 »