« 若者よ、失敗を恐れるな | トップページ | なりふり構わぬ自民党 »

2009/06/29

迷走する自民党と東国原知事

ここ最近の政局を見ていて感じるのは、自民党と民主党の攻防が激しさを増しているということです。互いを批判し、いわゆる暴露合戦になっているようにも見えます。しかし、それ以上に泥沼となっているのは自民党内かもしれません。このままでは衆院選は戦えないとして、麻生下ろしを画策する勢力と、麻生総理のまま解散に踏み切ろうという勢力が激しい綱引きを演じています。その中にあって、特に注目すべきは古賀選対委員長の行動です。

先日、人気の高い東国原宮崎県知事に対して衆院選挙に立つよう打診した件は、多くの国民を驚かせました。まだ1期も務めていない知事を国政選挙に立てようという古賀氏もどうかと思いますが、東国原知事が「全国知事会の提言をマニフェストにすること」「自身が総裁選候補となることを認めよ」という2つの条件を提示したのですから騒ぎがさらに拡大したのは当然でしょう。もちろん、自民党内にはこの東国原知事の態度に反発する意見も出ています。これは、東国原知事に足元を見られたに等しく、自民党側の反応は当然かとも思います。

仮に、自民党が東国原知事の条件を飲むことになったら、それこそ日本の将来は危ないと私は思います。いくら東国原知事の人気が高いと言っても、総理総裁はそれだけで務まるポストではないのです。戦後の歴代総理たちを眺めてみればお分かりになると思いますが、いずれも官僚や国会議員としての経験を長く積んだ方々です。ましてや、今の日本は国内外とも難しい局面を迎えており、ちょっとしたミスが命取りとなりかねません。その点において、東国原知事にはいささか不安を感じずにはいられないのです。

民主主義という制度は、冷静かつ正しく物事を判断できる健全な世論を前提としています。しかし、マスメディアが極度に発達している現代社会においては、過剰な情報の提供が国民に冷静な判断してもらうための余裕を与えません。特に視覚に訴えるテレビ報道等によって、受け手の大衆は情緒的に判断してしまい、ひとつの方向に走り出してしまうケースも多々あります。例えば、小泉元総理が「自民党をぶっ壊す」と訴え、国民を熱狂させたのはその典型でした。

国民の圧倒的支持を得た小泉元総理は、郵政民営化に反対する自民党議員を公認せず、それぞれの選挙区に刺客を送り込みました。その手法は国民をテレビに釘付けにし、あの歴史的大勝利を得る原動力となったのです。東国原知事はもともとタレントでしたし、小泉元総理のようにマスコミを上手に使い、大衆を熱狂させる術をよく知っているのではないでしょうか。

私自身も東国原知事のタレント性については、少なからず好感を持っています。彼の巧みな宣伝が宮崎県を全国に売り込んだのは事実ですし、県民から高い支持を得ているのも頷けます。しかし、東国原知事はまだ1期目の途中です。選挙の際の公約を果たしていこうという段階で県政を放り出し、自民党の総裁候補になるという話は、やはりジョーク程度にとどめておかれたほうが良いのではないかと思った次第です。

|

« 若者よ、失敗を恐れるな | トップページ | なりふり構わぬ自民党 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/30326897

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走する自民党と東国原知事:

« 若者よ、失敗を恐れるな | トップページ | なりふり構わぬ自民党 »