« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/27

衆院解散・総選挙の意味(2)

日本は戦後復興を短い期間でなしとげましたが優秀な官僚と政治家の役割は、非常に大きなものがありました。あの廃墟の中から国民もまた、希望を持って立ち上がり、歯を食いしばって今日の繁栄を築いてきたのです。

政治的には封建主義と軍国主義を捨て、新しい憲法の下で自由・平等と平和を掲げ、他方では経済至上主義の政策を進めてきたことで、この国が豊かさを手にしたことも全く間違っていなかったのです。

1960年、池田内閣が所得倍増計画を掲げたあたりから日本は年々驚異的な経済成長をとげ、国民の所得は上向き、未来への夢と希望を皆持つことができたのです。そして「一億総中流化」という言葉さえ流行し、大方の国民は中流意識さえもつに至ったのです。

しかし、今の日本はどうでしょう。中流どころか懸命に働いてもまともな暮らしができない、非正規雇用の労働者があふれているのです。働く場所を与られず、老後の最低限の生活さえ保障できないようでは、国家としての役割を果たしてないと思うのです。

又、今のような状態の中で、自民党と官僚に「変化」を期待するほうがもう無理なのです。国家とは国民の安全を守り、平和を維持し、最低限の暮らしを国民に保障しなければなりません。世界が大きな変化を遂げ、国内のありとあらゆる制度や政策が行き詰まりを見せているのに、これを放置して抜本的解決を図らず、ただただ先送りにしてきた結果が今日の事態を招いたのです。

8年前小泉政権が成立した時、国民は熱狂的に小泉首相を支持したのです。小泉内閣の看板である構造改革と新自由主義の政策は日本を改造し、より発展させてくれると期待させたのです。しかし、この政策は一面では成功したものの性急過ぎたため国内を混乱させ、格差等いろんな問題を抱える事になったのです。

小泉首相を始め、歴代総理と官僚トップの責任は誠に重大であると私は考えます。そして、ひとつの政党の政策が失敗に終わったとき、政権を交代して野党が政策の転換を図るというのが政党政治の原点なのですから、自民党と公明党はいったん野に下り、政権を明け渡さなければならないはずです。それを国民に信も問わずズルズルと内閣を何回も変えてきたのです。

与党は野党には政権担当能力がないから、政権は渡せないからと言いますが、これは政権にしがみつきたいがための言いがかりに等しいのではないでしょうか。アメリカでもイギリスでもフランスでも、先進国はほとんど野党がスムーズに与党に変わっても政権をしっかり運営しています。日本の民主党だけはその能力がないとする主張は、根拠のない的外れな批判と言わざるを得ません。

野党の経験不足は当然のことです。しかし、いったん政権を担当して与党となれば、この国の政府機構と一体になり、それを動かしていくことになります。逆に自民党が野に下ってしまえば、政府機構から離れそうした力を一挙に失ってしまい、有権者から見れば「力のない野党」になってしまうのです。例えば予算編成権等を見れば一目瞭然です。

次の選挙は大きな「変革」を伴う政権交代のための選挙です。新たな政権の失政を選挙の前から心配する必要などありません。この国をなぜ変えなくてはいけないのか、そして変え得るのはどの政党なのか。それをじっくり考えて、選挙に臨んでいただきたいと思います。

※写真下は、7月24日に秋田駅前で演説を行った民主党の菅直人代表代行。Kan200907

| | トラックバック (0)

2009/07/23

衆院解散・総選挙の意味(1)

決断できないまま、ずるずると解散を先延ばししてきた麻生総理。内閣支持率が低迷、政党支持率も急降下する中で、解散を打つにも打てない状態が続いてきました。そして、いたずらに先送りして任期ギリギリにずれ込んだ「土壇場解散」とでも言えましょうか。

この間、麻生内閣といっしょに沈没したくないという心理が自民党国会議員の間に生まれ、水面下で激しい抗争が繰り広げられました。ところが、これではマズイと感じたのか、先日の議員集会は一致団結を周囲にアピールする形で終了。まるで始めからみえみえの演出をこらしたかのような印象を受けました。

これまで、何度となく当ブログで申し上げてきましたように、今夏の選挙はおそらく日本の歴史に残る重要な選挙になると思います。自民党と官僚集団が戦後、ほんの一時期を除いて営々と築いてきた強固な体制があらゆる面で行き詰っているのです。この総選挙によって、それが総崩れとなる可能性が大きいのです。

現状に対する国民の不満は、次々と噴出しています。農業・漁業・林業はもちろん、商工業も低迷してしまい、日本経済全体を暗雲が覆っています。企業倒産も相次いでおり、将来の保証が一切ない非正規労働者が日本中にあふれ、職を求める人たちが連日ハローワークに殺到していることも見逃せません。

厳しい年金生活を強いられているお年寄り、将来に不安を抱える働き盛り、そして子育てや教育の負担に苦しむ若い夫婦。衰退するばかりの地方。世の中では凶悪犯罪が多発し、日本の古き良き伝統である義理・人情や思いやりの精神も薄なわれつつあります。

こうした中、この国はグローバル化する国際社会にどう生き延びていくのかという基本的な国家戦略さえ持ち合わせてこなかったのです。麻生総理をはじめとする最近の統治者たちの責任は実に重いと思います。

今やこれまで、痛みだけを強いられてきた大方の国民の不満が爆発寸前であり、自公政権では世の中が変わらないということも身に染みて分かったのではないでしょうか。

おそらく、国民の官僚や政治に向けた怒りや不満はこの総選挙で一気に噴き出し、自民党主導の政治はここで間違いなく終わりを告げることになるでしょう。 (※続く)

| | トラックバック (1)

2009/07/20

解散直前、慌しい秋田2区

民主党を離党し、前小坂町長の川口博さん(今春の県知事選で落選)に衆院議員選挙への出馬を要請した虻川信一さん、菅原龍典さん(前県議)らの動きが、秋田2区の慌しさに拍車をかけました。川口さんは前向きに検討するとの姿勢を示しているそうですが、出馬には相当の困難が伴うと見られます。

そのひとつは、過去のいきさつです。川口さんはもともと、野呂田芳成代議士の直系と言われた町長さんでした。永い間、国に対する予算陳情などはもちろん、選挙でも非常に密接な関係にあったとされています。仮に川口さんが出馬すれば、その野呂田代議士の後継指名を受けた自民党の金田勝年さんと真正面から戦うことになります。

地盤や事務所のスタッフを丸ごと金田さんに譲った野呂田代議士が、他方で川口さんの出馬を容認することは考え難いことです。つまり、川口さんがこれまでの野呂田代議士との関係を断ち切り、単独で立つことを決断しなくてはなりません。

野呂田代議士の周辺や自民党県連関係者らの見方も、川口さんの出馬には懐疑的です。しかし、万が一を想定しなければならないのは、政治の世界の常であることも確かでしょう。

もし、川口さんが出馬するということになれば、秋田2区の選挙情勢はかなり複雑化します。金田さんが自公や各種団体の支援を得て磐石の体制を整えているにしても、相手は先の県知事選においては県北で圧倒的な強さを発揮した川口さんです。選挙が激化し、際どい結果になることも充分に考えられると思います。そうなったとき、私たち民主党が応援する社民党の山本喜代宏さんが埋没してしまう恐れがないとも言い切れません(無所属の佐々木重人さん、幸福実現党の藤原純一さんも同様です)。

未確認情報ではありますが、川口さんは平沼赳夫元通産相からも既に出馬の打診を受けているという話も聞こえてきます。この要請が事実であったのなら、川口さんの気持ちを揺り動かしたとしても不思議ではありませんし、決断すべき場面を迎えていることだけは間違いないようです。

| | トラックバック (0)

2009/07/13

勝って兜の緒を締めよ

東京都議選で自民党が敗北し、民主党が歴史的な勝利を収めました。両党ともに58人が立候補し、当選したのは自民党が38人、民主党は54人という結果です。しかも、大半の選挙区で民主党候補がトップ当選を果たしています。複数区では1~2位を民主党で占めた所が7ヶ所もありました。かつて、1人区では自民党が圧倒的に強いとされてきましたが、今回は7選挙区のうち島部の1選挙区を除いては民主党が勝利しています。

この結果をどう読むか、です。

もちろん、石原慎太郎知事による東京都政に対する有権者の不満も少なからずあったでしょう。しかし、それよりも自公政権に対する都民の批判がこの選挙結果の背景にあったと見るべきでしょう。そして、この流れは次の衆議院選挙にも大きく影響を及ぼすと思います。おそらく、全国どの選挙区でも今回の都議選と似たような現象を呈することになると私は予測します。この先、自民党がどんな小細工をしたところで、この流れに大きな変化はないはずです。

各種世論調査の結果やここ最近の首長選挙の結果を踏まえ、自民党内に「このまま沈みたくない」という議員心理が渦巻き麻生下ろしの声が上がる一方、麻生総理の下で解散し、国民の信を問うべきという勢力が激しい攻防を繰り広げてきました。しかし、最終的に麻生総理は先手を打つ形で公明党や自民党内の一部から同意を取り付け、7月21日解散・8月30日投票というスケジュールに落ち着きました。

現段階で民主党に強い追い風が吹いていますが、それをこのまま黙って眺めているほど政権党は甘くはないでしょう。最後までけっして油断をしてはいけません。政権党はしたたかなのです。最後の最後まで民主党は気を許してはいけません。これまで何度も申し上げていることですが、次の衆議院選挙はこの国の政治の根幹を国民に問う戦いになることだけははっきりしています。皆さんもこの国をどうしたいのか。マニフェストをしっかり見比べて、その思いをストレートにぶつけていただきたいと願っております。

| | トラックバック (1)

2009/07/06

なりふり構わぬ自民党

静岡県知事選の結果を受け、自民党が次期衆院選で大敗を喫する可能性がますます高まっています。その危機感からか、自民党内は混乱を来たしているようにも見えます。

そして、民主党に対する攻撃もなりふり構わぬ、露骨なものとなってきました。西松建設の献金問題に絡んで小沢一郎(前)代表の秘書が逮捕された件が収まりつつある中、次なる攻撃目標となっているのが鳩山由紀夫代表に対する個人献金です。

衆院選が目前となり、国民生活にかかわる重要な政策を軸にして自民・民主両党が激論を戦わせるのであれば大歓迎なのですが、個人攻撃を国会の場でひたすら繰り広げているのが実情です。これは国民不在の政争であり、議会制民主主義の危機と言っても過言ではないでしょう。

多くの国民が今、政治に何を求めているのかを考えるべきです。選挙目当ての暴露合戦よりも、国民の暮らしをどうにかして欲しいという切実な声が巷には満ち溢れているのです。そのために今、政権交代が必要とされていることは明らかだと思います。

経済と雇用、年金、医療、福祉、農業等々、何もかもが行き詰っています。この国のこうした惨状から目をそむけ、権力を持ち続けることだけに腐心する自民党に、国民は半ば呆れているのではないでしょうか。そして、一番の問題はそうした国民の怒りに自民党自身が全く気付いていないことです。

そんな日本の政治を変えるためには、政権を一刻も早く交代するしかありません。早急に衆議院を解散し、国民の審判を仰ぐ以外、この泥試合に終止符を打つ手はないと私は考えます。

| | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »