« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/17

マニフェストをどう読むか

昨今の選挙で注目される「マニフェスト」(manifesto)ですが、正確にその意味を理解されていない方も少なくないようです。私も実は、周囲から「あれって何なの?」とよく尋ねられます。このマニフェストをひと言で表せば「政権公約」であり、政権を取ったときに実行する政策を予算の裏付けと共に具体的に示したものです。

民主党のマニフェストの主なものとしてはまず、「子ども手当て」があります。これは毎月2万6000円を中学卒業まで支給する施策で、所得制限はありません。「年金」はすべての年金制度を一元化し、国民はどなたでも毎月7万円を受け取れるようにします。この他には「高速道路無料化」「ガソリンなどへの暫定税率廃止」「すべての農家に対する所得保障制度の創設」などがあります。いずれも分かりやすく、国民生活に直結した政策です。

自民党はこれら政策に「財源の裏付けがない、無責任だ」とし、民主党に政権を渡してはならないと盛んに宣伝しています。では、財源は本当にないのでしょうか。それは違います。民主党は当面、政府の埋蔵金を吐き出させる一方、207兆円の総予算そのものを組み替えて、ムダを徹底的になくすことで「財源の心配はない」としています。

それよりも、批判されるべきは自民党です。自民党は長きに渡って政権の座にありましたが、財源の裏付けどころか、借金の限りを尽くしてきたのではなかったでしょうか。1990年代から現在までの間だけでも、政府は430兆円以上の公共投資を行ってきましたが、その陰で赤字国債や建設国債を発行し続けていたのです。また、麻生内閣の経済対策にしても、財源がほとんど借金なのです。

自民党の歴代内閣が、このように財源の裏付けなしに公共投資を続けたり、又、様々なムダ遣いを黙認してきた結果、国と地方の抱えた借金は合わせて800兆円以上(国民1人あたりに換算すると600万円以上)に膨れ上がってしまったのです。自民党の「財源なきマニフェスト」という批判は民主党ではなく、むしろ自民党にそっくりお返しする話であります。

民主党が自民党に変わって政権を担当した時、これまでのムダ遣いや不要不急の事業を徹底的に検証し、予算そのものを組み替え、国民が今いちばん必要としているところに予算を重点配分するというのは当然のことであります。それをしてこなかった自民党が麻生首相みずからなりふり構わず民主党をこまごま批判するというのは、どっちが政権をとっているのかとも言いたくなります。

さて、今回の選挙に向け、民主党はマニフェストと共に「政権交代」のスローガンを前面に掲げました。自民党はそのスローガン自体を目的にしているのではないかと指摘しています。しかし、民主党のマニフェストを見れば、目的がどこにあるのかは明々白々です。行き詰った政権に代わり、国民のために新しい政治と国づくりを実行する。それが民主党の真の目標であることははっきりしています。

長期政権によって今、政官財の癒着構造が定着化し、ありとあらゆるものが閉塞状況に陥っています。国民の大半がこの現状に不満を抱えている以上、これを打開するには政権の交代しかないのです。麻生内閣がこの現実を言葉のトリックで覆い隠し、難局を乗り切ろうとしていることはみえみえなのです。

今回のマニフェストを読むにあたって、こうした視点や政権党がこの4年間に何をしてきたかといった政策の検証が案外欠けているようにも感じられます。ただ単に、並列的に両党のマニフェストを比較するだけでは充分とは言えませんし、マス・メディアにもこうした検証や視点が少し不足している―と指摘しておきたいと思います。

なお、民主党は7月30日に岡田克也幹事長が会見を行い、「小泉マニフェスト2005と自民党政権4年間の総点検(ダイジェスト版・図表)」を発表いたしました。詳細資料は下記リンク先に掲載されておりますので、民主党のマニフェストと併せてぜひご一読ください(PDF形式ファイルほか/閲覧にはAdobe社の無料配布ソフト、アクロバット・リーダーなどが必要です)。

 ■民主党の政権政策/Manifesto2009

 ■小泉マニフェスト2005と自民党政権4年間の総点検

| | トラックバック (0)

2009/08/08

2区民主幹部、全員離党の波紋

青天の霹靂、とは正にこのことでしょうか。一旦は衆院秋田2区への立候補は「ない」と表明した川口博さん(前小坂町長)が前言を翻し、再びの出馬宣言。そして、民主党2区常任幹事が全員、川口さんの支援に回るため離党するという異常事態に発展してしまったのです。

私も大概の情報は事前に掴んでいるつもりでしたが、この川口さんを巡る動きはまったく察知できませんでした。というのも、今月6日午前9時半から行われた常任幹事会は、ちょうど臨時県議会とぶつかったため欠席し、朝から夕方まで議会にいたのです。

その3時過ぎ頃でしょうか県連代表の寺田君から報告があり会議の模様を始めて聞いたのです。翌7日の地元紙は、寺田君が今度の件で係わり合いをもっているのではないかと書いておりますが、多少の相談はあったとしても深くは関わっていないと思います。ましてや小沢(前)代表の指図などはあるはずもないと思います。

それよりも2区の党員・サポーターや、6万人の民主支持の皆さんは私が出馬を断念して以降、行き場のない思いをずう持ち続けていたのだと思います。県連や社民との選挙協力は実現しましたけれども、気持ちの切り替えが中々できなかったのでしょう。

県連としてもその辺の修復に尽力してきましたが、これだけ民主党に風が吹いて「政権交代」が現実を帯びるにつれ、むしろ割り切れない思いのようなものが一挙に爆発したといえるでしょう。

2区では前回まで候補者をそれぞれ立てて、互いに激しい戦いをくり返してきました。今回は党本部の主導で山本さんの支援が決まったわけですが、常任幹事の皆さんも民主・連合・社民の3者による取り決めを理解していても、感情的に最後まで受け入れることができなかったという背景があります。

ただ、山本さんを応援したくないからといって、民主党の人間が自民党の金田勝年さんを支持したり投票することはありえないことです。結局、そうした複雑な背景の下で川口さんへの前幹部出馬要請となり、今回の集団離党につながったのではないかと思うのです。残念ではありますが、お辞めになられた方々の決意は固く、早期復党は中々難しい状況かと思います。

いずれ、これによって事実上、2区における民主・連合・社民の選挙協力は崩れたことになります。連合の工藤雅志会長もショックを受けているのではないでしょうか。一方、社民県連の石田寛幹事長は極めて冷静で、今後も引き続き1区・3区とも協力関係を維持していくとおっしゃっていますので、1区・3区も含めてすべての協力関係が解消することは今のところなさそうです。

せっかくこれまで築いてきた三者の枠組みが政権目前にして崩れかけるようでは、これこそ何のためにこれまで一緒にやって来たのかとも言いたくなります。

さて、今回の動きは自民の金田さんのとっても衝撃的なことであったと思われます。この春の知事選で川口さんは自民党と社民党が支援した佐竹敬久さんに県北地区で圧倒しております。その川口さんが名乗りを上げたことで、選挙の行方が混沌としてくることは間違いありません。

ましてや、川口さんを支援する中核部隊の一つがが民主党を離党した常任幹事の皆さんです。無所属とはいいながらも、有権者が「民主系」の印象を川口さんに持つことは避けられず、最終的に「民主・川口」VS「自民・金田」という構図に置き換えられかねません。万が一そういう雰囲気になると、この戦いは金田さんにとっても非常に際どいものになりそうです。

2区では今回、共産党が候補擁立を見送ったことに加え、これまで自民支持だった特定郵便局長の会が民主党支持に回るなど構図が一変しております。ここで川口さんが出馬することで、最後まで情勢が読みづらい選挙区となりそうです。

| | トラックバック (0)

2009/08/02

比例選出馬要請について

先月30日、民主党選対本部から県連に対して、「東北比例単独候補者の擁立を検討するように」との連絡がありました。

 

昨年10月頃に党本部では一時、比例単独候補を擁立する話が持ち上がっていました。しかし、その後西松問題などで政党支持率に陰りが見えていたこともあり、立ち消えとなっていたのです。公示が目前となってにわかにこの話が再び浮上したのは、党の支持率が昨年のピーク時をさらに上回る勢いを示しているためです。

 

特に比例における各種世論調査は、いずれも民主党への支持が40パーセントを超えており、与党の自民党を圧倒しています。さらに東京都議選や地方の首長選でも民主党は躍進を続け、東北の各選挙区において自民党や民主党が内々に行った世論調査の結果でも、民主党候補が善戦する可能性は極めて高いようです。

 

東北ブロックの各選挙区では現在、民主党は22名の公認候補を立てることになっています。22名はいずれも比例との重複立候補になります。従って仮に選挙区で落選しても比例で救われるケースが多々あります。選挙区での当選が多ければ多いほど比例で落選者が救済される数は少なくなり、場合によっては重複立候補の22名を全員当選させてなお、比例の空席が生じることも想定されます。

 

ちなみに、東北ブロックの比例定数は14名となっています。郵政改革の風が吹いた前回の選挙では自民党が6名、民主党が5名、公明党・共産党・社民党が各1名という結果でありました。昨今の政党支持率をここに当てはめて計算すると、次の衆院選で民主党が東北ブロック14議席のうち7議席を取るという強気の読みもあるほどです。

 

仮に民主党候補が選挙区で落選しても、重複立候補する比例で7名までは救済されるということです。ただし現在、各選挙区の情勢を分析すると、落選する候補者を4~5名で食い止めることができるとの強気な読みもあるようです。そうなると、名簿に登載された22名では足りません。そこで比例の単独候補を追加して充てるというのが、党本部の基本的な考え方かと思います。

 

県連はもともと秋田2区に私を出馬させることを機関決定し、党本部に公認を申請しておりました。ところが、既に候補者の擁立を表明していた社民党に配慮しようという小沢一郎代表(当時)の強い意向により、県連側が引き下がって選挙協力をせざるを得なくなったという経緯があります。この時、私が小沢代表と直接党本部で話し合って決定されたのです。以降、2区の民主党支持者の皆さんは釈然としない思いを抱え、県連はその解消に努めてきました。

 

先日、知事選で敗れた川口博さんを衆院選に立てようという動きがニュースとなりましたが、こうした行き場のない民主党支持者の無念もその背景にあったのではないかと推測します。しかしながら、川口さん本人がその可能性がないことを自ら語り、要請は宙に浮いた形となっていたことは否めません。

 

そうした中で、県連は私に出馬を要請したわけですが、報道を機に私の事務所には有権者の皆さんから多数のメッセージが寄せられております。これは私自身や党への期待であるのと同時に、政権交代で日本を変えて欲しいという切実な声であると理解しております。

 

私は皆さんのこうした思いを真摯に受け止め、明日(8月3日)午後2時から後援会や支援者の方々とよく話し合い、結論を出したいと思います。ただ、私自身は現在の県議会議員という職務に大きな責任を感じておりますし、1991年から一時期を除いて長らく県政に深く関わってきたという自負もございます。衆院比例区への出馬によって県議会議員を辞職せねばならず、地方政治の現場から離れてしまう点については、複雑な思いを抱えていることも何とぞご理解ください。

 

党本部が県連に示した期限は今月7日となっております。できれば3日中、遅くとも4日には結論を皆さんにお示ししたいと考えておりますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

| | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »