« 議場から首相の所信表明演説を聞いて | トップページ | 陳情ルール変更と波紋 »

2009/11/09

多忙な国会議員の日々

国会議員となって2ヵ月が過ぎました。県議会議員の日常も結構忙しかったのですが、国会議員の日程はその比ではありません。

民主党に限って言えば、新人議員全員(143名)は国会開会中、ほとんど毎朝8時半か9時には国会に集合しなければなりません。

山岡賢次国会対策委員長の実に格調の高い、いさ々か含みのある「訓示」と他の国対幹部からその日の日程を聞き、我々の1日の活動が始まるのです。

党の政策調査会が廃止されてから、このところ連日のように早朝から各府省の政策会議が開かれています。各府省の政策は大臣、副大臣、大臣政務官の政務三役会議で決定されますが、その前に与党の国会議員が自由にどの府省の政策会議でも出席が出来るほか、発言も自由ですのでなるべく足を運んでおります。

この間、国会の事務所には県庁や市町村長、県議、市町村議、各団体の役員の方々の切れ目ない来訪への対応もありました。団体の大会などへの出席、常任委員会の出席(まだ本格的に始まっていませんが)、予算委員会への応援含みの傍聴なども予定に組み込まれています。

また、この合間を縫って東北ブロックの国会議員会議、各議員連盟の会議や党の会議などもございます。夜は夜で、色々な会合が入ってきます。とても議員1人でさばききれるものではありません。そのため、腕利きのベテラン秘書にかなりの部分を頼らなければならないのです。

そして、金曜日なると夕方の飛行機で秋田に帰ります。その日の夜の各種会合、土日もほぼ切れ目のない地元の日程が入っております。この間、たまには結婚式や葬儀などへの出席もあります。こうしたスケジュールをこなして、日曜日の夕方か月曜日の朝一便(午前7時過ぎ)で上京するという生活です。

私のような比例区選出の新人議員ですらこんな具合ですから、国会対策委員長など国会関係の役員や党の幹部、大臣など各府省の役職にある方々は寝る暇がないほど多忙かと思われます。体力、気力がなければとてもやっていけないことです。また、有権者の皆さんとの触れ合いを大切にするばかりでなく、政策通でなければ議員は務まりません。それでいて、選挙にも強くなければならないのですから大変です。

少し大げさかもしれませんが、国会議員はこのように多忙で、国民生活や国家にかかわる重要な案件に連日、真剣勝負で取り組んでいる―ということを国民の皆さんにご理解いただければと思います。

以前、国民の様々な職業に対する信頼度の調査結果を見たことがありますが、国会議員は確か最低のランクでした。その理由は「あてにならない」というものです。結局、国民の不満は政治への不信であり、いずれ政治家へはね返ってくるのだと思います。何はともあれ、政治家は国民のため、使命感を持って日々努力するしかありません。

|

« 議場から首相の所信表明演説を聞いて | トップページ | 陳情ルール変更と波紋 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/32141525

この記事へのトラックバック一覧です: 多忙な国会議員の日々:

« 議場から首相の所信表明演説を聞いて | トップページ | 陳情ルール変更と波紋 »