« 中国見聞録(1) | トップページ | 2010年、新春雑感(1) »

2009/12/24

中国見聞録(2)

15~16年も前になりますでしょうか。私は北京、天津、上海、蘇州、大連などを何回か訪問したことがあります。その頃は、これらの大都市でもようやく近代的なビルが建ち始めたばかりという感じでしたし、道路を走る車両も自転車やバイクが大半で、自動車はまだ少なかったと思います。

大連や蘇州の経済開発区でも、広大な原野に進出した企業はまだまばらでした。大連ではTDKの工場を訪問しましたが、ラインがひとつしか稼動しておらず、まだ試運転みたいな状態でした。また、大都市のどこへ行っても古い中国の町並みが残っており、市民が小路のどこからか湧き出てくるような印象があり、とかく人の多さに圧倒されました。そして、人々の服装に華美さはまったくなく、街全体の雰囲気も雑然としていることもあり、中国はまだまだ途上国だなあという印象を持った次第です。

それが、今回の訪中で大きく変わりました。彼の国では何もかもが大きな変化を遂げており、驚かされました。北京空港に到着するや否や、空港ビルの巨大さに皆がびっくりしたほどです。昨年の北京オリンピックの際に建設されたそうですが、奥行きが何キロメートルもあり、税関から荷物受け取り口まではモノレールで移動するほどでした。

北京の中心地は近代的な高層ビルが林立し、高層マンションは中心街から郊外までいたるところに立っています。幅の広い道路には、かつてようにバイクや自転車の姿はなく、自動車があふれていました。北京市内の混雑は夜遅くまで大変なもので、市内を走っている何本かの環状線は常に渋滞しているようですし、高速道路も車がいっぱいです。

中国の車の生産台数ですが、ある資料によりますと2007年には879万台、昨年はさらに伸びて約1000万台近くにまで達しただろうとされております。自動車の製造はまだ始まったばかりですから、いずれ年間の生産数は2000万台となり、世界一の自動車生産国になるかもしれません。

ところで、訪中団は到着の翌日からいくつものグループに分かれ、政府の各部(日本での省に当たる所)や経済開発区などを訪問しました。そして、私のグループが訪ねたのは政府の商務部(日本の経済産業省)や北京経済技術開発区、近郊の農村などです。

商務部の役人の方々との意見交換では、担当者から「中国経済は2008年度、世界的金融危機で大変だった。しかし、日本と同様に経済政策を内需拡大に転換し、さらには4兆元規模の財政支出、金融緩和、何回かの貸出・預金金利引き下げ策等を行って経済危機を乗り切ってきた」と説明を受けました。

ちなみに、これまでの中国の経済動向ですが、中国関係統計によると1979年以降、成長率は平均して年率で9.8パーセントの伸び、2003年から2007年までは年10パーセント、2008年は年9.0パーセントと成長を続けています。2009年は前年度比6.1パーセント増でしたが、これはここ最近で最も低い数字となっています。

2008年の国内総生産(GDP)は、44000億ドル(国家統計局)で世界第3位。同年の貿易総額は、前年比17.8パーセント増の25616億ドル(国家統計局)で世界第2位、貿易黒字は2955億ドル。同年の外貨準備高19500億ドルは、日本の1306億ドルを抜いて世界第1位。このように限られた統計を見ただけでも、中国が世界一の経済大国になろうとしていることだけは間違いないのことであります。

ただ、急激経済成長を遂げた結果、沿海部の大都市と内陸部との格差、都市部と農村部との格差、社会保障、エネルギー、環境問題などや政治家や党幹部らの腐敗といった様々な国内問題を抱えており、その解決が今後の大きな課題であると思います。

日中関係は政治的に一時、小泉政権下で冷え切っておりました。しかし、それ以降は政府レベルでの緊密な関係を保ってきましたし、経済分野でもハイレベルの実務者会議が何回も開かれております。関係資料によると昨年の日中間の貿易総額は2664億ドルで、日米間の貿易総額2132億ドルをすでに上回っております。対中貿易で日本はEU、アメリカに次いで第3位となっており、日中の経済的な結びつきも強まっています。

今回の訪中で感じたことは、日本海を隔てた隣国が急速な経済成長を遂げ、今や「巨大な国家」として世界に君臨していることです。したがって、日本はなお一層、中国との関係を深めて緊密にしていくべきであると考えます。

(続く)

 

写真下:大きな変化を遂げた街並みのジオラマ

(右から3番目が私です)

C200912b

|

« 中国見聞録(1) | トップページ | 2010年、新春雑感(1) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/32718904

この記事へのトラックバック一覧です: 中国見聞録(2):

« 中国見聞録(1) | トップページ | 2010年、新春雑感(1) »