« 大衆社会の虚像 | トップページ | 深刻な経営の実態 »

2010/02/22

品格に欠ける国会論戦

1月18日に召集された通常国会は6月下旬まで続きます。今は予算審議が真っ最中です。予算審議の中心的な舞台となる予算委員会の一部は華々しく、テレビ放映され国民を釘付けにします。しかし、流れがややこしくて新人には件々飲み込めない面もあります。

 

最初に全大臣が出席する基本的質疑、財務大臣と質問者の要求する大臣が出席する一般質疑、このあと総理、財務大臣と要求大臣が出席するテーマごとの集中審議、地方と中央での公聴会、そして、全府省庁ごとの予算の審議をする分科会、最後に再び全大臣出席の締めくくり総括質疑、討論・採決と続きます。

 

この間約1ヶ月かかりますが、だいたい2月末頃には採決し、3月初旬から下旬にかけて舞台は参議院に移ります。こうした流れを経て、順調に行けば3月末に新年度予算は成立するのです。

 

私は予算委員ではありませんが、応援部隊として何日間か出席しましたし、先日の党首討論にも出席しておりました。そこで私が率直に感じたことですが、首相と小沢幹事長の「政治とカネ」のオンパレードでした。本会議でも予算委員会でも、先日の党首討論でもただただ、カネの追及一点張りなのです。

 

確かに、政治とカネのことも大事です。

 

しかし、これでは何のための予算委員会なのかとも言いたくなります。この1年間に国民の皆さんのために使われる国家の予算をあらゆる角度から、その必要の有無について集中審議をする場だと思うのです。

 

先日、自民党の与謝野馨氏が質問に立ちました。財務大臣や官房長官も経験し自民党の中でも論客として知られている方です。その与謝野氏が、首相がお母さんに「子分に使う金が欲しいからと無心をしたと言った」とか、それも伝聞に基づいて質問しましたが、これには私もびっくりしました。

 

週刊誌でもあるまいし、国権の最高機関である国会の場で一国の首相を相手に取り上げるほどのものでもなかったのではないかと思うのです。またその際、鳩山首相に向って「あなたは平成の脱税王だ」と決めつけたのです。あの言葉も根拠ない辛辣なもので、よく首相が黙っていたなあと思います。

 

予算委員会では自民党の議員が、国土交通省の道路予算の所謂“箇所付け”を予算審議の始まる前に民主党都道府県連に流したということで、その責任云々でねちねちと1時間も2時間も食い下がり、憲法違反だと主張するのです。

 

予算審議の前に“箇所付け”の一部を流したことをまともに突かれると、どうも国土交通省側としても、弁解するのに難儀だなあと思いますが、国家と国民の契約関係とも言われる憲法をこの場に持ち出すなど、少し筋が違っているのでないかと思った次第です。

 

党首討論にいたっては、これも谷垣自民党総裁による政治とカネの話ばかりで、野党党首の品格に満ちた質問とは到底思えませんでした。国家の有り方をめぐってや、日本経済の中長期的展望や計画をめぐって議論を繰り広げて欲しかったと思いますが、国民の皆さんはテレビを見ていてどう感じたでしょうか。

 

いずれにしろ、自民党は首相と小沢幹事長の「政治とカネ」以外の攻め方はなさそうですし、これ一本槍で徹底して民主党政権のイメージダウンを狙っているとしか見えないのです。

 

地方議会とはまるで違いますし、国会の審議日程が激しい駆け引きの中で決められていることにびっくりするばかりか、一番大事な予算委員会そのものが、こんな状態では国民から見放されてしまいかねません。新年度予算を審議するという本来の通常国会の姿に早く戻して頂きたいと思うのは私だけでしょうか。

 

写真下:予算委員会にて(2010年2月17日)

Yosan20100217_4

|

« 大衆社会の虚像 | トップページ | 深刻な経営の実態 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/33485335

この記事へのトラックバック一覧です: 品格に欠ける国会論戦:

« 大衆社会の虚像 | トップページ | 深刻な経営の実態 »