« 新エネルギー事情(1) | トップページ | 新エネルギー事情(3) »

2010/03/30

新エネルギー事情(2)

風力発電に続き、太陽光発電の現状について少し述べてみます。

日本では15~16年前に国の補助金制度が始まり、それを契機に「ソーラー」は一般家庭でもずいぶん普及し、世界の先端を走っていたと思います。ところが2005年に国の補助金制度が打ち切られ、普及率は急に足踏み状態に陥りました。しかし、各国ともこの間に太陽光発電に力を入れましたので、ここで日本は大幅に遅れを取ったことになります。

このため経済産業省は昨年2月、太陽光発電に限って固定価格買取制度を急きょ導入しました。これは1kw当り48円で、家庭などでの余剰電力を全量買い取るというものです。

ところで、太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及や今後の見通しはどうなのでしょうか。資源エネルギー庁の資料によると、風力発電は2008年度に185.4万kwでした。目標は2010年度で300万kwでしたが、達成には至っていません。太陽光発電のほうは140万kw程度に過ぎません。その他、バイオマスや地熱など再生可能エネルギーを全部合わせても、今のところ全体の5.9パーセント程度なのです。

2005年度の日本全体の1次エネルギー供給は石油49パーセント、石炭20パーセント、天然ガス14パーセント、原子力11パーセントとなっており、今のところは石油や石炭など化石燃料への依存度が極端に高いのが現状です。今後について、政府は再生可能エネルギーを2030年は11.6パーセントまで引き上げようという目標設定をしております。(続く)

|

« 新エネルギー事情(1) | トップページ | 新エネルギー事情(3) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/34001927

この記事へのトラックバック一覧です: 新エネルギー事情(2):

» 太陽光発電ソーラーシステム [太陽光発電ソーラーシステム]
太陽光発電ソーラーシステムの情報です。 [続きを読む]

受信: 2010/04/03 16:35

« 新エネルギー事情(1) | トップページ | 新エネルギー事情(3) »