« 案外知られていない政策会議 | トップページ | めまぐるしい政局(1) »

2010/05/24

参院選を展望する

任期ギリギリまでズレ込むことも予想された参院選でしたが、どうやら6月24日公示、7月11日投票で落ち着くことになりそうです。昨年の衆院選直後の空気からすれば、民主党の圧勝を誰もが想像したところですが、たった9ヵ月で世の中の雰囲気はガラリと変わってしまいました。

ここ半年を振り返ってみると、ニュースで繰り返し流されたのは政治とカネの問題です。そして、ここ最近は沖縄の米軍基地に絡めて、鳩山首相の判断の甘さなどが批判の対象となっています。このふたつの問題で、政権交代を強く求めた国民の興奮もすっかり冷めたような感じです。

実際、秋田に帰ると皆さんが厳しい意見を口にします。さりとて、政権交代前を懐かしむわけではありません。誰もが「しかし、自民党もダメだ」と言うのです。もちろん、自民党県連の幹部の方々も、その辺を承知しているからこそ、なりふり構わず知名度の高い元プロスポーツ選手を説得し、公認したのでしょう。

聞くところによると、この候補者は各種集会で握手とサイン攻めに合っており、政策の周知は二の次のようです。そして、自民党はこの候補者の知名度を利用する一方、党の色を隠すのに徹しているようにも見えます。

選挙の目的が「勝つ」ことにある以上、戦術としては正しいのかもしれません。ただ、大半の有権者は冷静に眺めています。

先日、ある飲食店に入ったところ、つい立ての向こうから激しいやりとりが聞こえてきました。「元スポーツ選手に国会議員が務まるのか!」「お前のところだって、アナウンサーを立ててるじゃないか!」。民主VS自民の構図は、これまでになく白けています。このためか、有権者のもっぱらの関心事は新党の動きです。

例えば、秋田出身の有名な医師は新党からの出馬に意欲的だという話(比例を希望しているそうです)があります。ただし、周辺には出馬を促す声ばかりではなく、政界進出を引き止める意見も強く、両者が激しく争っているとのことでした。私自身の経験から言って、こうした状況で飛び出すのは非常に困難なことのように思います。今後、この党が別の候補を探し当てられるかどうか。多くの有権者の方々も注目していることでしょう。

最後にひとこと申し上げます。それは鳩山首相が辞任するのではないかという憶測についてです。

メディアは盛んに「5月政変説」を宣伝していますが、これは基本的にありえません。確かに、沖縄の米軍基地問題で鳩山首相は窮地に立たされました。支持率も低下していますが、党内は鳩山さんの続投で一致しており、危機をささやかれる5月は乗り切るのではないかと考えています。

むしろ、問題は参院選後です。その結果次第では、鳩山さんが重大な決断をする場面がないとは言い切れません。果たして、政権交代からわずか1年でトップの首をすげ替えることが、この国にとってプラスなのかマイナスなのか。そこまで展望して「選択」することが求められているのではないでしょうか。

|

« 案外知られていない政策会議 | トップページ | めまぐるしい政局(1) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/34842848

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選を展望する:

« 案外知られていない政策会議 | トップページ | めまぐるしい政局(1) »