« どうなる今後の政局(2) | トップページ | 両院議員総会に出席して »

2010/07/26

「国家戦略局」等の廃止について

菅首相の一声で、「国家戦略局」設置をあっさりあきらめることになりましたが、私自身も大変残念に思っております。

この国家の主導権を政治が握り、政治主導の下で、中長期の経済計画や、国家戦略、次年度の予算編成の大枠を財務省を抑えて決めていこうという事ですから、実に画期的なことだったのです。

私は選挙期間中、演説の中でこのことを何回となく話しておりました。

秋田県能代市での党の政談演説会でも「皆さんは、国会は政治とカネや沖縄の基地問題だけで騒いでいるとお思いでしょうが、実際はそうではないんです。実はこの国の政治の仕組みを大きく変えるための政治主導確立法案や、各府省の幹部の人事権を内閣が一挙に握る国家公務員法改正案等いくつもの重要法案を今通そうとしているのです」とぶち上げていたのです。このとき会場は一瞬シーンとなりました。

だからこの法案をあっさり諦めたとなると私なんか正に、“ピエロ”のようなものです。

今更と言うかもしれませんが、民主党の一番の原点は国民の生活を最優先すると言う事と、「官から民へ」の言葉通り、官僚主導の政治から、政治家が名実共に国家の主導権を握ろうということだったと思います。

今回話題となった政治主導確立法案や国会法の改正案、国家公務員法改正案は何れも自民党長期政権が築いた、政-官-財の強固な鉄のトライアングルともいわれた支配の構造を突き崩していこうという改革の第一歩だったと思います。

今回、参院選の敗北によってもし、こうした重要関連法案を断念せざるを得ないとなれば、国民の皆さんから「改革の後退」だとの印象を持たれかねません。

私はその事を危惧しているのです。

|

« どうなる今後の政局(2) | トップページ | 両院議員総会に出席して »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/35900594

この記事へのトラックバック一覧です: 「国家戦略局」等の廃止について:

» 写真点描・札幌花物語 13 [つき指の読書日記by大月清司]
 この「北大植物園」の樹々、木、草花の写真だけで、もちろん心を癒やしていただければ、たかだかデジカメのスナップでしかありませんが、それにまさる喜びはありませんね。 下に... [続きを読む]

受信: 2010/07/31 16:18

« どうなる今後の政局(2) | トップページ | 両院議員総会に出席して »