« 抜き差しならない代表選 | トップページ | 全く事実無根の新聞報道 »

2010/08/27

全面対決の代表選

とうとう、菅さんと小沢さんの全面対決となりました。

鳩山さんが、中に入って全面対決を回避し挙党体制を取ろうとしたのですが失敗してしまったのです。小沢さんはどのような条件を提示したのかよくわかりませんが、菅さんのほうでもう少し、度量を持って対応してもよかったのでないでしょうか。

先々週の私のブログでも述べましたが、菅さんが「脱小沢」という言葉を掲げ、小沢さんやグループ全体を敵対視し、追い込むようなスタンスを取り、代表戦後も小沢さんを処遇することは無いと言明したあたりから対決色が強くなったのです。小沢さん周辺によると、小沢さん自体「脱小沢」とは何だと怒ったというのです。

菅さんは、首相就任直後「脱小沢」を前面に掲げて国民の支持率を60%台まで急に上げた手法をもう一度取ったのです。「脱小沢」を前面に出すことによって国民世論の支持を得て、再選に持っていこうという戦略だと思います。

しかしこれでは、代表戦が終わってからも大きな亀裂を党内に残しかねません。もし小沢さんが敗れたとなると、万一の場合党を割り政界再編劇というとてつもない事態になりうることも想定されます。

また、菅さんは解散権という強烈な武器を持っております。もし、菅さんの下で政局が混乱したり、あるいは、後半国会で、小沢グループを抱えながら、野党対策が行き詰まり、予算の成立が難しくなった時、菅さんは解散を打って出る可能性も十分考えられます。数日前菅さんは一年生議員を前に、3年間絶対解散はしないと我々を安心させようとしましたが、この政界の中でこの言葉をまともに信じるほどめでたい議員はそんなに多くはないでしょう。

ところで今回、小沢さんは「政治とカネ」との決着がつかない状態で出馬すべきでないとの意見が圧倒的に多いことも事実です。しかし、決して小沢さんに片を持つということではなくて、ここは冷静に見つめる必要もあると思います。

現在小沢さんは犯罪人でもありませんし、起訴されているわけでもありません。万一起訴されているとしても、その人は罪人ではありませんし、法律では「推定無罪の原則」がありますのでこの辺は感情論と混同してはならないのです。ただ、小沢さんの場合、「政治とカネ」にまみれた政治家との印象を強く持たれておりますので非常に不利だと思います。特に今回は地方の党員・サポーターの動向が注目される所です。それをあえて代表選出馬に踏み切ったのは、菅さんに任せておけないという政治家としての思いが強くあったからではないでしょうか。

|

« 抜き差しならない代表選 | トップページ | 全く事実無根の新聞報道 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/36384674

この記事へのトラックバック一覧です: 全面対決の代表選:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010/08/27 22:57

« 抜き差しならない代表選 | トップページ | 全く事実無根の新聞報道 »