« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/27

外交交渉は成功したか

尖閣諸島近くでの中国漁船と海上保安庁の巡視船との衝突事件について述べたいと思います。

一つは日本側は国内法に基づいて一旦は船長を逮捕しておきながら、中国側の強硬な対抗措置に屈した形で簡単に船長を釈放した事、今一つは最高検が政治的判断を下して釈放したという点です。

まず最高検の「判断」についてです。本来検察は法と証拠に基づいて正義の立場から忠実に事件を処理するところだと思うのです。それが何と、最高検の意を受けて地検が「我が国国民への影響や今後の日中関係を考慮すると、これ以上身柄の拘束を継続して捜査を続けることは相当でない」と判断し釈放したというのですから驚きです。

検察はいつからこの国家の外交判断や政治的判断をもつに至ったというのでしょうか。全くおかしな話です。今回の件はどうも外務省も官邸も今後の日中関係の悪化に憂慮し一歩も二歩も引いてしまい、「検察」にすべておっかぶせたと見られても仕方ない面があると思います。

今回の事件の処理についていえば、いずれは高度な政治判断が必要だったとしても大局観、粘り強さ、したたかさに欠けた面が見られ、決して外交的には成功したとは言えないでしょう。

私はこの後、国内では民主党外交が「弱腰」だと批判にさらされ、中国側からは、何だ、「日本は少し強気に出ればどうにでもなるんだ」となめられやしないかと心配するのです。

私は戦前の昭和の歴史を振り返った時、外交の面で節目節目で間違った判断を繰り返し、結局は国家が破滅への道を歩んだことを決して忘れてはならないと思うのです。この国家の生き残りのため今一番大事なことはこうした視点ではないでしょうか。

| | トラックバック (0)

2010/09/20

代表選の舞台裏(2)

今回の代表選では、さまざまな情報操作が行われました。例えば、鳩山さんが仲介して小沢さん、菅さんが共に挙党一致に向けて一旦は同意したにもかかわらず、翌日には崩れてしまいました。この際、寺田首相補佐官はテレビに出演、そこで小沢さん側が官房長官や幹事長のポストを要求したと述べ、それがいかにも話し合いの決裂の原因であるかのようにコメントしています。

しかし、これはどうも事実ではなさそうです。私のところには小沢さんサイドから「ポストの要求は一切していない」との情報がすぐ入っておりました。先日、鳩山さんお会いした時この事を話ましたところ、やはり「ポスト要求の話はまったくなかった」とのことでした。なお、この件はサンデー毎日(9月26日号)の記事「なぜ白昼堂々ウソをつくのか」に詳しく紹介されています。

情報操作の例としてはさらに、毎日新聞(9月5日付)の1面にデカデカと載った「投票用紙回収を指示/小沢支持の高松衆院議員」という記事があります。これは、私があたかも投票用紙の取りまとめを指示したかのような内容の記事ですが、これもまったく事実に反します。党本部の代表選管も、県連側の告発は根拠がなく事実関係がはっきりしないとして受理していません。

この経緯は週刊ポスト(9月24日号)に掲載されていますので、一部を以下に引用します。

ー不思議なことに、毎日の記事の発信元は秋田支局ではなく、菅側近の寺田学・首相補佐官と近い官邸詰めの記者の署名記事だった。また、寺田は自身のブログで毎日の記者は「証拠をお持ちのようです」と書き、党の不祥事に大喜びの様子だった。中央選管は7日に関係者から聴取した上で、「噂話の類で、回収を依頼したとされる人物が特定されていない」と不受理にした。選管委員の一人、川上義博・参院議員はこう語る。「この件は菅総理からもきちんと対応して頂きたいと連絡があった。しかし、不正の根拠がはっきりしない。よく調べもしないまま、何らかの意図を持って告発や報道が出たなら重大問題です。」

仮にも、この国の最高権力者である総理が、根拠のない告発の取り扱いに口を挟んだ事を驚いています。この国をどうするかという大事な時期の代表選であったにもかかわらず、裏舞台でこうした陰惨な策謀が繰り広げられたことは、党のイメージダウンにもつながります。外国の諜報機関がやるような策謀は今後一切やめて頂きたいと思います。

| | トラックバック (0)

2010/09/19

代表選の舞台裏(1)

14日に行われた民主党代表選は皆さんもご承知の通り、凄まじいまでの権力闘争であったと思います。党員・サポーターの支持では菅さんが圧勝しましたが、国会議員票は200対206とほぼ互角。トータルで見た場合の敗因はやはり各マスコミが指摘している通り、政治とカネの問題、そしてわずか3ヵ月で総理を変えるのは如何なものか、という2点に尽きるでしょう。

それにしても、小沢さんに対するネガティブなキャンペーンは異様であったと言わざるを得ません。新聞各社は、一斉に小沢さんを攻撃しましたし、テレビも早朝から深夜に至るまで小沢さんの抱える問題を批判的に取り上げ、多くの週刊誌に至っては根拠のない批判記事やスキャンダルを報じました。いわばメディア全体が「小沢悪玉論」を展開したようなものです。

一方、マスコミは選挙後半で世論調査の結果を公表し続け、小沢さんに対する国民の支持率が十数パーセントと極めて低いのだと強く印象付けました。私は、これによって党員・サポーター票が小沢さんからかなり離れてしまったのではないかと見ています。つまり、別の角度から眺めてみると、今回の代表選は小沢さんが菅さんに敗れたものの、むしろメディアとの戦いに敗れたと言っても決して過言でないとの見方も成り立ちます。

また、今回菅さんが圧勝すると予測した報道にも、ある種の意図があったのではないでしょうか。例えばサポーターに関して言えば報道機関には一切名簿が開示されておらず、正確な調査が絶対不可能なのです。それこそどうやって予測調査したのか今だ誰もわかりません。

一方、菅さんは現職の総理という立場で代表選に臨みました。それは官邸や官僚組織の頂点に立つ人物がなりふりかまわず、あらゆる手法を使ったのですから勝って当然なのです。

ところで、私は今回の代表選を冷静に見つめ、次の二点を指摘しておきたいと思います。まず、ひとつは官邸によるメディア戦略―言うなれば、情報操作が過去に例がないほど積極的であったということです。今回の代表選は、少なくとも双方の政策論争に主眼を置いたものであったとは到底思えません。菅さんの側は「脱小沢」というキーワードを繰り返し使い、小沢さんを悪玉扱いし、それによって世論を動かし再選をしようという意図があったのではないかということです。

前々回の衆院選は、小泉さんが同様に「郵政民営化」というテーマをぶち上げ、その賛否を問うという選択を迫りました。その上で、小泉さんは反対派議員の選挙区に刺客を送り、反対者を徹底的に悪者に仕立て上げ国民をテレビに釘付けにし、大圧勝したあの時と同じやり方なのです。

くり返しますが今回の代表選では、そっくりそのままこうした小泉さんの手法が持ち込まれ、小沢さんは敗れたのです。これは、国民の世論が如何にメディアに左右されやすいかを示すものであり、私もブログで重ねてメディアによる世論操作を警告してきた点です。そして、いくら権力を維持するためとはいえ、民主党を昨夏の衆院選で勝利に導き、政権交代を実現した立役者に対しても、こうした手法を仕掛けてくるという政界の非情さを感じずにはいられません。

| | トラックバック (0)

2010/09/10

意図が不明な私への調査

民主党秋田県連の地方代表選挙管理委員会から党本部中央代表選管に上げられた「投票用紙回収」の件は97日付の地元紙も報道した通り「根拠が不明確」だとしてつき返されたことをすでにブログでも申し上げました。

これを受けて、98日午後、秋田県連選管の佐藤哲治委員長ほか小沢委員、小塚委員と県連事務局長の4名が「調査」というか聞き取りのため私の事務所においでになりました。

私に対する質問は専ら、毎日新聞紙上で書かれていることについて認めるか認めないのかの一点です。すなわち、私が投票用紙の回収を支持したか否か、私の秘書が同様の事を行ったか否かというのです。私はもちろん全面的に否定しました。

彼らの質問が終わった所で私から逆に、だれが、いつ、だれとだれに対して調査をし、どのような回答だったのかを私に示すべきではないかと何度も強く言いましたが、一切明らかにしないのです。

例えば、「Aさんに調査をし、これこれの回答があったけどあなたはそれに対しどう答えるんですか」といった具体的なことに踏み込もうとしないのです。そんなことでは私は答えようがないと言っても頑として譲らないのです。

中央選管へ届け出た報告書そのものが「根拠が不明確」だと返されたのですから、私の協力も得て具体的事実関係を詰めるのが当然なのになぜか踏み込まないのです。第三者の伝聞に基づいて書かれた毎日新聞のことばかりです。これでは到底、話になりません。

この日4名の皆さんは何の成果も得られない状態で帰ったことだけは明々白々です。帰りがけに佐藤委員長は秋田県連をこれ以上ごたごたさせたくないし、何とか収めてもらいたいような趣旨のことを言われましたが私ははっきりお断りしました。

具体的事実関係もはっきりしないまま毎日新聞をはじめ各マスコミによって全国に報道され、政治家としての名誉を著しく傷つけられて、「ああそうですか」と収めるようなめでたい人はいないでしょうと私は話しておきました。

| | トラックバック (0)

2010/09/07

中央選管、報告書受理せず

本日(9月7日)の一部全国紙でも取り上げられておりますが、私の地元・秋田の県紙である秋田魁新報は、投票用紙回収の件について「中央選管は不受理」という大きな見出しで次のように報じております。

以下、一部を抜粋しました。

白紙の投票用紙の提出を依頼したとされる問題で、党中央代表選挙管理委員会は6日、党県代表選管の報告について、『根拠が不明確』などとして受理しなかった。県代表選管に対し、調査を尽くしてから報告するよう求めた。

中央選管はこの日、高松議員と県代表選管の佐藤哲治委員長(秋田市議)から聴き取りした上で▽白紙の票を高松議員事務所に届けるよう依頼したとされる人物が特定できていない▽県代表選管が委員会を開いたり、高松議員本人から事情を聴いたりしていない―などを理由に不受理とした。

聴き取りに対し、高松議員は『事実無根。私を含めた『当事者』とされる人が県代表選管から何も事情を聴かれておらず、手続き自体もおかしい』と主張。(※以下省略、全文は本日付紙面でご確認ください)

魁紙には、このように書かれております。

この報道内容を皆さんはどう受け止めたでしょうか。ひと言で申し上げるならば、党の権威ある中央選管が、秋田から提出されたものは「根拠が不明確であり、受理できない」とつき返したということに他なりません。

この件に関して、多くの皆さんから激励のメールが寄せられております。この場を借りて、皆さんのご厚情に深謝を申し上げます。

| | トラックバック (2)

2010/09/05

全く事実無根の新聞報道

毎日新聞(9月5日付)が「投票用紙回収を指示」という見出しで、私が自身の後援会に所属するサポーターに対し、民主党代表選の投票用紙を提出するよう求めた―とする内容の記事を掲載しました。しかし、これはまったく事実に反しています。

記事によれば「高松議員は『回収を秘書が指示した。白紙とは言っていない』と依頼を認めた」となっておりますが、9月4日午後6時頃、野口記者の電話取材に対し、私は「投票用紙回収の依頼の事実は一切ない」と答えております。したがって、この記事は私の回答を捻じ曲げた捏造記事であります。それに野口記者は第3者の伝聞を基にこの記事を書いており、私の後援者の取材を行っておりません。

さらに、私の秘書が数枚の投票用紙が事務所に届いたとし、投票用紙の取りまとめを認めたとも書いてありますが、これも秘書に確認したところ「まったくそのような事実はない」とのことであり、これも同様に捏造されたものと判断します。

今回、この記事を書いた毎日新聞の野口記者は首相官邸詰めの記者だそうですが、なぜこの時期に私が小沢一郎前幹事長を支持していることを十分承知し、何らかの意図をもって記事を書いたのか。私や小沢一郎前幹事長のイメージダウンをはかろうとしたのではないかとの政界筋の見方がもっぱらです。

今回の代表選は、「政治とカネ」のイメージが付きまとう小沢幹事長を「脱小沢」の看板を振りかざし、徹底して追い込み世論を沸騰させその迫いで菅総理の再選を狙うとした戦略だったと思います。

私は、同じ党内の政治家をこういうやり方で追い込もうとした菅首相の非情なやり方に恐ろしさを感じます。しかし、菅首相のこうしたやり方が少し度を過ぎること、また、各テレビ局にこのところ連続して小沢前幹事長が出演するにつれ、小沢前幹事長の自信に満ちた様々な発言が国民に好感をもたれ、「やっぱり小沢さんにやらせてみたい」と考える国民が多くなってきているのも事実でないでしょうか。

菅首相には最近、軽々しいというイメージと共に、消費税10パーセント発言や比例定数の80人削減など、代表選を意識した発言が多過ぎると思います。

いずれにしろ両陣営の過熱気味の選挙で、同志を落としいれようとする勢力に対してはこの原稿を通じて強く抗議をします。なお、毎日新聞に対しては、訂正記事の掲載と謝罪を強く求める予定です。

| | トラックバック (4)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »