« 代表選の舞台裏(2) | トップページ | 検察の暴走を問う(1) »

2010/09/27

外交交渉は成功したか

尖閣諸島近くでの中国漁船と海上保安庁の巡視船との衝突事件について述べたいと思います。

一つは日本側は国内法に基づいて一旦は船長を逮捕しておきながら、中国側の強硬な対抗措置に屈した形で簡単に船長を釈放した事、今一つは最高検が政治的判断を下して釈放したという点です。

まず最高検の「判断」についてです。本来検察は法と証拠に基づいて正義の立場から忠実に事件を処理するところだと思うのです。それが何と、最高検の意を受けて地検が「我が国国民への影響や今後の日中関係を考慮すると、これ以上身柄の拘束を継続して捜査を続けることは相当でない」と判断し釈放したというのですから驚きです。

検察はいつからこの国家の外交判断や政治的判断をもつに至ったというのでしょうか。全くおかしな話です。今回の件はどうも外務省も官邸も今後の日中関係の悪化に憂慮し一歩も二歩も引いてしまい、「検察」にすべておっかぶせたと見られても仕方ない面があると思います。

今回の事件の処理についていえば、いずれは高度な政治判断が必要だったとしても大局観、粘り強さ、したたかさに欠けた面が見られ、決して外交的には成功したとは言えないでしょう。

私はこの後、国内では民主党外交が「弱腰」だと批判にさらされ、中国側からは、何だ、「日本は少し強気に出ればどうにでもなるんだ」となめられやしないかと心配するのです。

私は戦前の昭和の歴史を振り返った時、外交の面で節目節目で間違った判断を繰り返し、結局は国家が破滅への道を歩んだことを決して忘れてはならないと思うのです。この国家の生き残りのため今一番大事なことはこうした視点ではないでしょうか。

|

« 代表選の舞台裏(2) | トップページ | 検察の暴走を問う(1) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/36950360

この記事へのトラックバック一覧です: 外交交渉は成功したか:

« 代表選の舞台裏(2) | トップページ | 検察の暴走を問う(1) »