« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/28

臨時国会を振り返って

臨時国会は12月3日まで続きますが、国民生活に直結する補正予算が26日夜の本会議でようやく成立しました。

今回は参議院で否決されたため、憲法(第60条)の規定に基づいて両議院の協議会を開きました。しかし、意見が一致しなかったため、衆議院の議決をもって国会の議決となったのです。この手順を踏むため、衆議院は夜の10時過ぎまでかかりましたが、参議院ではこの後、仙谷官房長官と馬渕国交相の問責決議が提出され、深夜にまで及びました。

本会議場での私の席は比較的前のほうですが、26日夜の菅首相は相当疲れている様子でした。あれほど顔色が悪く、疲れきった姿はこれまで見たことがありません。その前の週の15日に、たまたま衆議院の正面玄関で会ったときは、お互いに「オッ!」と挨拶を交わし、握手しましたがさっそうとしておりました。

それにしても、この国会は異常でした。尖閣諸島沖の事件にビデオの流出問題、ロシア大統領の北方領土訪問、TPP、そして最後は北朝鮮の韓国に対する砲撃などなど、次から次へとショッキングなことが立て続けに起きました。その処理を巡って国会は紛糾し、政治主導確立法案をはじめとする重要法案はほとんど成立していません。

確かに民主党の国会対策の不十分さも指摘されておりますが、野党の「攻め」は枝葉末節に終始し、まともな深みのある議論があまりにも少なかったと思います。柳田法務相の失言、蓮舫大臣の写真撮影、そして仙谷官房長官の「言葉」を巡るあれこれ。どれを取っても、一言陳謝をすれば済むようなことであり、国家の運営に支障をきたすような重大問題ではないのです。

野党はそれを何度も何度も繰り返し攻撃するのです。これでは国民があきれ返ってしまい、ますます政治不信が増すのではないかと思うのです。マスコミもマスコミです。大手メディアが些細なことを繰り返し報道し過ぎるのです。

週が明けると野党はマスコミの政権支持率を取り上げ、責め立てます。まるでマスコミ報道に政党、政治家が振り回されているようなもので、「マスコミ政治」と呼んでもおかしくないほどの様相となっています。

北朝鮮の砲撃は対岸の火事くらいに思っている方も多いのかもしれませんが、この国家にとっては非常に重大なことだと私は思います。万が一、戦火が朝鮮半島全体にひろがれば日本があっという間に巻き込まれてしまいかねません。

米韓が大掛かりな軍事演習を開始するとなれば、一触即発の恐れが絶対ないとは言い切れません。歴史を振り返れば第一次世界大戦も、バルカン半島のサラエボで起きたロシア皇太子夫妻の襲撃事件がきっかけでした。たった一人のセルビア人青年の行為が、ヨーロッパ全土を巻き込み4年間に及ぶ大戦争になるなど誰一人として予測できなかったのです。国会はこの際超党派でこの問題と向き合い、あらゆる場面を想定して議論すべきです。

いずれにしても、経済が停滞した中で国民の政治に対する不満、不信感は高まる一方です。菅首相の指導力に対する批判も強烈です。つまり、民主党に対する期待が大きかったからこそ、その失望感も大きいのです。

臨時国会を終え、12月は新年度の予算編成があります。そして、年明けと共に予算国会が開かれます。菅首相が党内をまとめ、野党対策を練りながら強力な指導力を取り戻すことができるかどうか注目されるところです。

| | トラックバック (0)

2010/11/14

ちょっと待った、「朝日」さん

今月11日(木曜日)、朝日新聞が「比例新人議員寒い冬」「選挙区なし、カネなし、岡田幹事長は冷淡」「窮状の直訴不発」との見出しを付けた5段抜きの記事で、昨年の選挙の比例単独で当選した33人の衆議院議員のことを取り上げております(同紙4面)。お読みになった方も多いと思いますが、事実といささか食い違う内容であり、真実をこのブログを通じて皆さんにお伝えしたいと思った次第です。

この記事は、衆院選の比例単独で当選した新人議員が危機感を募らせている様を紹介しており、「選挙区を持たないため、資金面で冷遇され、再選への展望も見通せない」とした上で、4日夜の岡田幹事長との会食時に私たちが直訴しようとしたが不発に終わり、「寒い冬を越すことになりそうだ」と推測しています。

確かに、私たち比例単独で当選した議員は選挙区を持っていません。しかし、連日早朝から行われる政調会の部門会議(政府と議員による)に始まって、委員会や本会議、政策研究会、各種議連等々次から次へと続く会議に出席。さらにはこの間各団体や様々な方々の要望を受け、週末には地元に戻るという切れ目のない日程を消化するのに精一杯であり、先々の選挙のことを考える余裕などありません。

そういう多忙な日々を送りながら「互いに頑張ろう」と声を掛け合っているのです。それが、記事ではどこか哀れでみじめっぽく描かれているように思えますし、読者の皆さんに「お先真っ暗」で絶望しているかのような受け止め方をされるのは、極めて残念なことです。

また、活動費の直訴のことですが、これも10月の例会で岡田幹事長と意見交換した際に、「重要なことなので12月中には必ず結論を出します」との回答をいただいています。4日夜の会合は岡田幹事長を交えての懇親会で、直訴する必要はありませんでした。

私たちは岡田幹事長と2時間近くにわたって親しく懇談しただけであり、それがなぜ「冷淡」「直訴不発」となるのでしょうか。どう考えても、不思議でなりません。岡田幹事長もおそらく立腹されているでしょうし、この記事によって党の印象も悪くなったのではないかという心配もないではありません。岡田幹事長に対しては、申し訳ない思いでいっぱいです。

なお、抗議のつもりではありませんが、私が32名の議員の会の事務局長と言う立場から、この記事を書いた政治部の岡本記者にも直接事実関係は申し上げております。

| | トラックバック (0)

2010/11/11

TPP参加への懸念

政府は9日、TPPについて関係国と情報収集や事前協議に入る事を決めましたが、こうした動きに対応して昨日(10日)は早朝730分から九段のグランドパレスで、秋田県の農協関係の皆さん60名前後と国会議員団との意見交換と要請集会に出席し、10時半からは日比谷公園内で3000人もの全国集会へ出席しました。

この問題は党内でも二分しての大論争です。「開国か」「鎖国か」の二者択一の選択肢を求め、「開国」が正義で「鎖国」が悪者視されがちな極端な論まで出る始末です。

しかしこの問題は、党内でもたった1ヶ月ちょっと前に国会で首相がぶち上げた話しで、何が何だか、本当の所、今だよくわからないのです。わからないまま、時の風潮に遅れまいと何となく乗ってはならないと思うのです。

所で、日本は戦後自由貿易の恩恵を一番受けて来たのですし、これからも自由貿易の原則は貫くべきだと思います。ましてや関税のハードルが低ければ低いほど良いに決まっています。しかし、それぞれの国家には発展の度合いや国内の様々な事情があると思います。ですからFTAでもEPAでも例外品目を互いに認めているのです。

しかしTPPに入りますとその国の地域事情も何も一切関係なくすべての関税はゼロになると言うのです。例えば日本人の主食である米について言えば、778%の関税をかけて、国内農家を保護していますしその他の主要農産物もかなりの関税をかけて保護しているのです。

これを関税撤廃となると安い農産物が洪水の如く入って来ます。

その場合、どう農家を守るか大きな課題です。又TPPは農業分野だけでなく、人、物、投資などすべての分野が対象となります。

極端な話、TPPに加入する事で、日本の社会そのものを大きく変え兼ねない面も有ります。

ですからこれだけ重大な事に、国内の受け入れ体制を十分整えておくのは当然な事です。菅首相の今度の動きは、こうした国内事情の頭越しに強引に進めようとしか見えず、国内に様々なあつれきを生み兼ねずこの面を私は心配するのです。

| | トラックバック (0)

2010/11/02

国会審議と国民の声

週末に地元に帰りますと秋田県JAの農業際、結婚式、県議候補の集会、ある町の合併55周年式典等々週末は切れ目のない地元の行事が続きます。

農業団体の会に出席しますと、今年度の米価下落の話しと貿易自由化、TPPの話しばっかり、このままでは農業はもたないと悲鳴に近い声。

商工業等中小零細の経営者の皆さんと接すると仕事が無いとか物が売れないとか、会社がこのままでは持たない話ばっかり。年金や雇用、医療など行き先々でいろんな声の大合唱。

そしていづれも政治への不信と政府批判。「国会はいつまで政治とカネの事ばっかりやっているんだ」「そんな事より我々は死ぬか生きるか毎日苦しんでいる時に何を下らん事で騒いでるんだ」と。こうした声はどこへ行っても聞かれます。どうも国会審議と国民の声が少しずれている感じがしてなりません。

政府が経済を立て直すために補正予算を一日も早く成立させなければならない事は国会議員なら全員わかっているはずです。なのに野党は今国会の冒頭の予算委員会からの動きを見ていると「政治とカネ」や蓮舫大臣のモデル騒動の話しで実に枝葉末節な事で延々と審議の引き延ばし。モデルになった大臣もさんざん平謝りなのですから国民の「もう、うんざり」という大方の気持ちもよくわかります。

ここへ来て、野党が小沢さんの国会での証言をタテに補正予算の審議に応じようとしないあたり、国権の最高機関が、こんな事ばかりいつまでもやっていて、いいのかと心配する所です。

この事については与野党の国対での交渉でやっと本会議が2日午後1時から始まりました。

外交面でも、中国やロシアに、スキを与えない、毅然とした日本としての態度をとらないと益々軽んじられる事だけははっきりしています。ですから与野党に関係なく、この国家の戦略を超党派で練っていかないとどうにもならなくなってしまいそうです。ただ単にいつまでも対応の仕方が悪いと攻撃するだけだと何も進まないのでないでしょうか。

| | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »