« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/30

首長たちの異様な動き

私は国会に議席を置いておりますが、名古屋市や大阪府、さらには阿久根市などにおけるここ最近の首長と議会の関係が異常な状態に陥っているようでとても気になります。

名古屋市の市長選は間もなく始まりますが、市民の皆さんは河村前市長のふるまいを熱狂的に支持しているようです。しかし、私から見れば地方行政の仕組みそのものを、ぶち壊そうとしているようにも見え、非常に危ういことだと感じています。

前市長は市民税の10パーセント削減や議会定数および議員報酬の半減を強行しようとし、議会で否決されました。そこで、前市長は「市民に信を問う」として任期前に辞職、再び立候補しようとしています。そして、他方では自ら先頭に立って住民投票を煽り、議会のリコールをも狙っているのです。

仮にリコールが成立すれば、議会は解散することになります。多くの住民にとって、対立を背景とした市政の停滞は迷惑以外の何物でもありません。

ところで前市長のこうした動きは、長年積み上げてきた二元代表制を採用している今の地方自治の制度を根底から崩しかねません。

自分の思い通りにならないからといって、首長が先頭に立って議会の解散を呼びかけるなどという行為はとんでもないことだと私は思います。

地方自治法の規定によって地方議会の定数(上限)は定められているのですし、報酬についても破格に高額であるとはいえません。市民税の削減については、議会の承認なくしては元々ありえないのです。

阿久根市の竹原前市長に至っては議会を開かなかったり、議会の承認なしに副市長人事を決めたり、専決処分を盾に予算を行使したりと、議会軽視の姿勢が顕著でした。

予算の専決処分についていえば、地方自治法第179条で「特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認めるとき」などに限って行使できると規定しています。すなわち、竹原前市長の行為は法の趣旨から大きく逸脱するものであり、一部には「無法者」との声も上がっていたのです。今後地方議会と首長の対立については、冷静に眺めるべきでしょう。

又、地方議会のあり方についてもこの際、検証する必要があると思います。例えば、間々みられる議会と首長との慣れあいによる「オール与党化」の傾向に歯止めをかけ、議会のチェック機能や監視機能をより強化すること、政策立案能力を高めていくこと、さらには審議過程の一層の情報開示が求められていると思います。

| | トラックバック (0)

2011/01/16

菅改造内閣と政局

改造内閣はやっとのことで組閣されたという感じです。仙谷氏の後の官房長官にしても、岡田幹事長や野田財務相、藤井前財務相らに断られ続け、参院選敗北の責任を取らされた枝野氏で落ち着いたということですから、先々が心配です。

奇異に感じられますが、与謝野氏の起用は首相が税制改正と財政再建、社会保障改革に強い意欲を持っているということでしょうし、海江田氏の経済産業相起用もあくまでTPPに参加するという首相の強い意志を示したものと思います。

又、今回の人事は、一方では挙党体制といいながら小沢系排除であり、150名ものグループを完全に締め出したように見えます。そして、仙谷氏や枝野氏、前原氏ら「凌雲会」のメンバーが主軸となり、これに岡田幹事長を加え、首相を支えることになるのでしょう。

今後、党内融和と野党への対応にいっそうの柔軟な姿勢が望まれています。そうした状況を踏まえてこの陣容を見て気になるのは、皆さん優れた方々ですが、どちらかといえば「理詰めと排除の論理」に重きを置くクールなタイプと見られていることです。

さて、通常国会は24日から始まりますが、この内閣にとってまず新年度予算を成立させることが最重要です。その際、関連法案をどうやって通すのかが問われます。首相は衆議院の2/3条項にこだわっているように見えますが、民主党の衆議院の議席は2/3(320)に満たない306です。

首相は昨年から水面下で公明党への接近を図かりましたが、事実上失敗に終わりました。となれば、後は国民新党の4議席と社民党の6議席をアテにするしかありません。そして、ここに無所属3名を加えて、319名になるわけです。しかし、社民党が民主党の呼びかけに易々と乗ってくれるのでしょうか。

いずれにしろ、3月末がヤマ場になるであろうと思います。万が一、予算の通過がならない場合、総辞職か解散しかないでしょう。

もうひとつの焦点は、小沢氏の問題です。強制起訴が決まったとき、首相が離党勧告に踏み切るかどうかです。もし決断した場合、小沢氏がそれに従うか否かが注目されます。党内に踏みとどまることも、すんなり離党ということも考えられます。

離党の場合、小沢氏ひとりなのか、多数を引き連れていくのかです。あるいは混乱が深まり、政界再編に発展することもあり得ます。この間、国会では野党が徹底して攻めてくるでしょう。成り行きによっては、相当に追い詰められる展開も予想されます。

この夏まで目の離せない政局となることだけは間違いないだろう―と私は見ております。

| | トラックバック (0)

2011/01/10

年頭に思うこと

新年おめでとうございます。

昨年は当ブログに多数アクセスをいただくと同時に、皆さまからさまざまなご意見や励ましのお言葉もたくさん賜りました。今年は、そうした皆さまの声を糧にいっそう奮起しなければならないと考えております。これまで通り当ブログを通じて私の考えを皆さまにお伝えして参りますので、何とぞよろしくお願いいたします。

さて、5日は私にとって事実上の仕事始めでした。早朝、午前4時に起床。秋田市内の雪は少ないのですが、さすがにこの時間帯は冷え込みます。この日は午前5時過ぎ、秋田市中央市場の初せりに参加。県内漁港から水揚げされた大量のヤリイカ・鯛・ヒラメ・鱈などが独特の掛け声でどんどんさばかれていきます。今にもかぶりつきたくなるようなヤリイカが1箱2200円。暮れに上野の「吉池」では1パイ900円前後でしたからここでの安さに驚きます。10時からは消防出初式。午後は各分団回り、6時からの商工会議所新年会と行事が続きます。

菅首相は年頭の記者会見で「政治とカネ」の問題を前面に出し、小沢元幹事長に事実上の議員辞職勧告を宣言しました。どう見ても、これは異例なことであります。中央市場での初荷式で、ベテランの秋田市議会議員相場金二さんはこの問題について「政治とカネ。それもあるだろうがいったん封印し、一国の首相として国民にもっと夢と希望を与えるべきだ。年頭から党内抗争とは不愉快極まりない」と、首相に対する思いを私にをぶつけてきました。

年明け早々の党内抗争は、多くの国民から見れば見苦しいものであり、「いい加減やめて欲しい」という感情はもっともです。外国の指導者たちもおそらく「日本の首相は何と器量の狭いことか」と驚くに違いありません。

夜の商工会議所新年会で、私は「菅首相は年頭の会見で"政治とカネ"を前面に掲げましたが、私はむしろこの国家が勢いを失いつつあることと、地方経済が最悪の状態におかれている事が一番気になることです」と述べました。

長引くデフレから脱却して経済を根本的に立て直すこと、数百人の安定した雇用の確保、待ったなしの国家財政、少子高齢化への対応、さらにはTPPへの対応をどうするのか、沖縄基地問題の解決をどう図るか。台頭する中国についても、日米関係を重視しつつも、決して日中関係もおろそかにできないという綱渡り的な外交をどう展開するのか。そうした中で、東アジアにおける日本の存在感をどう示していくのか課題が山積しております。

これらの懸案は、いずれもこの国家の存立にかかわる事柄であります。首相は国家の最高指導者です。世界の潮流をしっかり見据え挙党体制をとり、この国家を治めていただきたいものだと思います。

| | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »