« 我々はなぜ決起したのか(1) | トップページ | なぜ本会議に欠席したのか »

2011/02/24

我々はなぜ決起したのか(2)

政治主導確立法案、国会法改正案、国家公務員法改正案、地域主権確立法案、地球温暖化対策法案等々、誠に失礼ですが皆さんには難しくて分かりづらいと思いますが、この5つの法案こそ、民主党政権にとって命のようなものでありこの国家の姿、形を変える切り札なのです。

自民党政権の下で長年続いてきた官僚主導の中央集権国家から、国民から選出された国会議員が主導権をもってこの国家を運営する。自民党政権ではこの国のありとあらゆる主要政策が先送りされたため、何もかも行き詰まり、この国家が衰退の一途をたどっているのです。それを政治主導で大きく転換することが、民主党政権の使命だったのです。

しかし、この政権では5つの主要法案が一つも成立していないのです。政治主導確立法案は、内閣に国家戦略局を作り、ここが、予算編成の主導権を握り、各省庁の予算をゼロベースで見直すとか、この国家の指針や中長期の経済政策などを立てる。正にこの国家の頭脳とでも言うべきでしょうか。しかし首相は全くその気が無さそうだし、白旗を上げたようなものです。国家公務員法改正案だって、経費削減だけでなく、内閣人事局を作ってここが事務次官以下の幹部公務員の人事権を握ろうとしたのです。これもここの所やる気を失ってしまったように思えます。

地方主権関連にしても、分権国家に切りかえる法案ですが、大綱でお茶を濁し、逆に地方の首長等の反発を買っている始末です。温暖化対策法案も前政権から引き継いだ重要法案です。地球環境に取り組むこの国家の姿勢を世界に発信する絶好の機会なのです。しかしこれもわかりません。

それでいて、消費税、TPPを党内で一つも議論せずに突然ぶち上げたりです。今私が申し上げたこの事だけでも皆さんはどう思われますか。政権を取ったときの公約や方針をかなぐり捨て、その日暮らしのような今の政権にそれでも我々に黙っていろと言うのでしょうか。マスコミや評論家の皆さんは我々を批判する事は簡単です。しかし、国民に約束した事、この国家のためにやろうとした目標を失った事態に至っても、国会議員の我々に我慢しろとでも言うのでしょうか。

|

« 我々はなぜ決起したのか(1) | トップページ | なぜ本会議に欠席したのか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/39000222

この記事へのトラックバック一覧です: 我々はなぜ決起したのか(2):

« 我々はなぜ決起したのか(1) | トップページ | なぜ本会議に欠席したのか »