« 権力闘争の舞台裏(2) | トップページ | エネルギー法案の成立を急げ »

2011/06/21

あきれた首相の政治手法

大方の国民から嫌われ、だまし討ちにあった前首相からはペテン師(サギ師)とののしられ、党の執行部からも、あの手この手で早期退陣をせまられながら、平然として生きることにのみ執念を燃やし続けている菅首相。

相手をだまし討ちにしようが、約束ごとや過去の政界の慣例を無視しようが、人間性を疑われようが、全くおかまいなしです。同じ政治の世界に生きている者として、恥ずかしくてたまりません。

国民の政治に対する不満・不信感は取り戻すことができないレベル―頂点に達しているのですし、諸外国の笑いものにすらなっているのです。どこのどなたに会っても「こんな時に国会議員は何をしているんだ」という大合唱になるのも当然でしょう。

私は首相の政治手法を冷静に見てきましたが、皆さんも気づいている通り「メディア戦略」と「パフォーマンス」だけなのです。そこには中味が全くありません。支持率が落ち込んできたと思ったら、次から次へと花火を打ち上げるかの如く政策を打ち出すのです。それも党内議論も何もなしにです。

参院選で突然消費税値上げをぶち上げて失敗。尖閣諸島での中国の船長釈放の批判をかわすため、冷やしダマに脱・小沢を打ち上げて逃げ切り、さて次は何かと思ったら、TPPでした。いったいあの騒ぎは何だったのでしょうか。

サミットへ行けば、「日本の再生可能エネルギーを2030年まで30パーセント目標」と出まかせ的発言。もうないだろうと思ったら浜岡原発。ギリギリまで追いつめられ、またもや「再生可能エネルギー」の固定価格全量買取に関する法案が出てきます。

私に言わせればこの法案こそ、一昨年以来、党の政策会議の専門部会やその後の政調会の部門会議で私らが執念を燃やしてこつこつ積み上げてきたものであり、全く迷惑千万な話です。過去にあまり関心も示さなかった首相が、ここでこれを打ち上げたものですから大きな政治問題となり、揉みくちゃにされそうな雲行きとなっています。

資源エネルギー庁との度重なる綿密な打合せや学者・専門家からのヒアリング、党内議論の積み上げ、他党との根回し、風力発電業界、電力業界、電力総連、鉄鋼連盟特に電炉業界などとの意見交換。そして、3月11日の閣議決定。ほぼ9合目あたりにきたところでこのあり様です。(もっとも、大震災さえ起きなければ遅くとも4月には法案は間違いなく成立していたでしょう)。

新聞テレビは対立軸を鮮明にしようと、首相が打ち上げるや否や経済界や自公の反発を書き立てます。事実とかなり違っても、その方が面白いのです。これではもうやってられません。

|

« 権力闘争の舞台裏(2) | トップページ | エネルギー法案の成立を急げ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/40482095

この記事へのトラックバック一覧です: あきれた首相の政治手法:

« 権力闘争の舞台裏(2) | トップページ | エネルギー法案の成立を急げ »