« 終戦記念に思うこと | トップページ | 新代表選出の舞台裏 »

2011/08/22

激しさ増す代表選

民主党の代表選が近づくにつれいろんな動きが出て来ました。

前回、菅首相を担いだ皆さんは、仙谷さん主導の下で野田さんを担いで、短期決戦で勝負をつけようとしましたが、野田さんの『増税路線』が以外に不評を買いトーンダウン。

すかさず、自公との「大連立」の看板に架け替えましたがこれも与野党の以外な反発でこれも不発です。仙谷さんにとっては全くの計算違いだったでしょう。

今回、野田さんで乗り切り、来年9月の代表選で、前原さんでいこうというシナリオが崩れ、グループ内からにわかに前原さんへの要請と本人の出馬への瀬踏み行為です。

もしも前原さんが出るとなると野田さんは大打撃ですし、断念ならば野田さんの今後は無いでしょう。

他方、小沢グループの動きですが、海江田さんを支持するか、鹿野さんを支持するのか、今だ(22日現在)態度を鮮明にしておりません。慎重に事態の推移を見つめていると思います。

手堅い百数十名の国会議員が集まっているグループですので、立候補する方にとっては接近するのは当然のことです。それにつけてもマスコミの論調が気になります。

22日(月)の読売では、「小沢グループどう動く」の大見出しのあと、『元代表処分見直し争点に』『国民の信頼失うの声』とあります。

記事では、渡辺周代議士がTBS番組で小沢氏の処分撤回をやったら国民の信頼を失うと指摘したとあります。

しかし、今回の代表選の争点が、元代表の『処分見直し』とか、『脱小沢』、『反小沢』だったら、我々国会議員にとっても、国民にとっても全く意味のないしらけた代表選に成り兼ねません。

今回は代表が即、首相になるのですから、主要政策で論陣をはる代表選にして頂きたいものです。「大震災や原発事故の処理の事」「増税路線か否か」、経済財政政策をめぐって、「積極財政か緊縮と財政規律を求めるのか」。「エネルギー政策の歴史的転換」をめぐる事、「安全保障」とかいくらでも争点が有るのです。

今回新聞であれ、テレビであれマスコミは、煽り行為めいた事ではなく、冷静に政策論争を中心にすえた構成にしていただきたいものです。

又、22日(月)の朝日二面のトップは、『軽量級続々名乗り』の大見出しです。これには笑ってしまいました。かつて岸首相の自叙伝を読んだ時、岸さんが、「新聞の見出し、あれは天才ですヨ」と話した事を思い出しました。

先輩議員には失礼ながら、後々の為に名乗りを上げているのだとか、ポスト狙いだとか、色々と囁かれているのです。

しかし、この代表選は、卑しくもこの国家の最高指導者を事実上選ぶ誠に重要な選挙です。

正直な所、わが党の代表選『軽量級続々名乗り』などと「揶揄」だけはされたくないものだと思えてなりません。

|

« 終戦記念に思うこと | トップページ | 新代表選出の舞台裏 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/41313197

この記事へのトラックバック一覧です: 激しさ増す代表選:

« 終戦記念に思うこと | トップページ | 新代表選出の舞台裏 »