« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/09/05

野田内閣をどう見るか(2)

さて組閣人事ですが、これも党内融和を優先し、党内各グループからそれぞれ起用し、バランスが取れています。また、要所要所に実務に長けた方を配置しているなど、安定感のある内閣と思います。

ただどちらかと言えば「地味」な布陣にも見えます。

新大臣の中によく知っている方が何人もおりますので余り深くは立ち入りませんが、まず鹿野さは農政のベテランです。TPPをどう裁くか手腕に期待をかけています。政局感にも優れており、やはり安定しています。

細野さんは党内きっての若手ホープでしょう。人格的にも優れており、バランス感覚と言い、申し分のない政策通です。環境大臣と原発事故担当大臣の兼務ですが、きっとやり切るでしょう。

玄葉さんは若い時から裏も表もない正直な方で、真正面から政策に取り組む有能な方です。日米関係の修復、沖縄基地問題、対中国関係など山積しています。外交手腕に少し心配する向きもありますが大丈夫だと思います。

財務大臣に就任した安住さんは、NHKの記者出身で知識豊富で多彩な方ですが、このポストは誰がなっても大変なところですし、ちょっと重荷かもしれません。税と社会保障、復興債の原資をどうするか、増税路線をどうするのか否か、難しい判断をしなければなりません。

山岡さんですが、国会議員としての経験も豊富。国対委員長もおやりになり、ベテラン中のベテランです。

鉢呂さんは元々農政通と承知しております。国対委員長の経験もおありですし、経産相としての力量に期待したいところです。円高による国内経済の空洞化、地方経済、雇用問題など取り組むべきことが山積しています。

前田さんは参院の長老格。一川さんも参院のベテラン。それぞれの職責を十分に果たせる先生方と思われます。

蓮舫さんは人気先行型の方ですが、内閣のいわば華であります。行革に今回、どこまで切り込めるかです。

官房長官就任の藤村さんも、野田さん同様ベテランですが、少し地味な面がおありです。内閣の要ですので、各省との調整などかなりの重責を担うことになるでしょう。要は野田首相との信頼の下で、存分に力を発揮していただきたいものです。

川端さんですが、文科大臣や幹事長など要職を経験したベテランです。

いずれにしろ、この内閣は震災の復旧復興、円高対策と日本経済、社会保障と税、外交、安保などの課題をたくさん抱えております。また、衆・参ねじれ国会の中でどうやって国会を乗り切っていくのか、国民も期待をしていると思います。

| | トラックバック (0)

野田内閣をどう見るか(1)

支持率20パーセント以下まで落ち込んでいた内閣支持率が、急上昇。朝日・毎日が50パーセント台、読売・産経・日経・共同がいずれも60パーセント台。いちばん高かったのは日経の67パーセントです。また、政党支持率も完全に逆転しました。

これを見て、野田さん自身も、党内も、そして国民も皆ほっとしたのではないでしょうか。

自民党は、恐らくガックリしたでしょう。菅内閣を攻めて攻めて攻めまくって、支持率をぐんぐん下げたところでの解散をねらっていたのです。

ましてや、野田さんは解散をしないと宣言したのですから、戦略の練り直さなくてはなりません。

ところで、新内閣成立時はいつでも支持率が高いものですが、たいがい徐々に下がっていきますから、今回も「御祝儀相場」の面もあると冷静に受け止めた方が良いのではないでしょうか。支持率に一喜一憂するよりも、着実に政策を実行することが大事だと思います。

野田新首相は元々地味な方ですし、パフォーマンスよりも「党内融和」を真っ先に掲げたことは実に良かったと思います。その意味で、党の要である幹事長ポストに輿石さん、国会運営の中心である国対委員長に平野さんを起用したことは評価されるべきです。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、党と国会運営は小沢さんや鳩山さん系に任したということでしょう。一方、政調会長に前原さんをまた起用したあたりは、ちゃんとバランスを考えた人事であろうと見ております。

| | トラックバック (0)

新代表選出の舞台裏

8月29日午前11時、ホテル・ニューオータニーの「芙蓉の間」は熱気に包まれました。おそらく、2000人規模のパーティを開けるくらいの大広間です。そこに国会議員398名、それに地方の代議員、数百名のマスコミ関係者が集まりました。

これだけでも、政権党の代表選にふさわしい舞台装置と言えます。私は隣の国会議員にささやきました。「さすがは政権党だなあ。10年前は小さな会場で、ささやかな代表選だったのに」―。

さて、場内の様子です。投票が始まる前から海江田さんが1位になることは誰もが皆、分かっています。ただ、160~170票までいけるかどうかです。そこまで行けば、流れは決まったようなものでした。野田さんと前原さんの2位・3位連合も決定的という事前情報も流れていました。

馬淵さんは大方、海江田さんです。となれば、問題は鹿野さんのところでした。小沢系の有力議員が何人も推薦人になっており、決戦は海江田さん支持とも見られておりました。ところが前夜あたりに様子が急変。小沢さんが一発勝負をねらい、強引に山田前農相らの引き剥がしをやり、鹿野さんのグループ内が険悪だという話が出ていたのです。

結局、1回目は誰も過半数に至らず、予想されていた決選投票に勝負はもつれ込みました。海江田さん支持の小沢系幹部を見渡すと、皆が重苦しい雰囲気を醸しています。あの時、既に海江田さんの負けを感じ取っていたのでしょうか。

結果は野田さんが215票、海江田さんが177票。つまり、鹿野さんが決選投票のキャスティング・ボードを握ったのです。グループは鹿野さんに一任。鹿野さんが上着を脱いでワイシャツ姿になったら、2位を支持するというサインが事前に決められていたのでした。

そして、この結果をどう見るかです。

私は場内でそれぞれの演説を聞いて、野田さんがダントツに話が上手だと感じ、海江田さんに対してはむしろ逆の印象を強くしました。直前まで態度を決めかねていた数十人はこの演説によって野田さんを支持し、得票を大きく伸ばしたのだと私は推測します。

負け惜しみではありませんが、海江田さんを支持した私をはじめ、親しい議員仲間の間では海江田さんが代表選の候補になると決まった途端、「これでは勝てないな」という声がささやかれておりました。もし勝ったとしても「どうやって舵取りをするのだろうか」と首を傾げる向きもあったほどです。

また、今回は党員資格停止中の議員が9名(小沢さんと小沢系議員)おり、これを加えると海江田さんの票は186票になり、非常にきわどい僅差の決戦になっていたのです。

もうひとつ、今回の代表選で思ったのは、「結局、党内は小沢対反小沢の対決になってしまった」ということでした。これは小沢さん自身がもっとも警戒していたことですが、メディアも代表選の数日前から一斉にそこを対立軸だと煽っていたことは否めません。

あの夜、私たちの仲間内ではこんな話が出ました。「仕方なかったんじゃないか。負けたけれども、新代表が前原さんでなく、野田さんで良かったんじゃないの。前原さんだったら即解散だったよ」。

決選を制した野田さんは、会場で「もう党内対立は止めて、ノーサイドでいきましょう」と語りかけ、会場は拍手の嵐でした。「脱小沢」「反小沢」という言葉で対立を煽り、相手を罵って徹底的に追い詰めた菅さん、その取り巻きの陰湿なやり方に多くの議員は辟易しており、野田さんの新代表就任に皆ホッとしたのです。

| | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »